テーマ:古楽

ウルトラ処分の歌 他

最近、ハマってしまったCMがある。それが“機密文書のウルトラ処分【けすぷろ】”のCM。初めてテレビでCMを観た時は衝撃的で爆笑してしまった(爆) オフィス編(30秒) エレベーター編(15秒) CMの替え歌の原曲は、特撮ドラマ『ウルトラセブン』の主題歌「ウルトラセブンの歌」(作詞:東京一、作曲:冬木透)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホ戦略ゲーム『KOS』CM~フィガロの結婚序曲&映画『関ヶ原』予告編~カルミナ・ブラーナ

スマホ向け戦略MMORPGゲーム『KOS - Kings of Sanctuary』(株式会社DMI)のCM「ゲームの国の本気/男たちよ」篇&「ゲームの国の本気/レポート」篇で流れている音楽は、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲。CMはこちら。 「ゲームの国の本気/男たちよ」篇 「ゲームの国の本気/レポート」篇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニクロ「ステテコ&リラコ」シリーズCM(2016)~夏は来ぬ(唱歌) 他

今年のユニクロの「ステテコ&リラコ」シリーズのCM曲は、"sumika" というバンドがカバーした「夏が来た」。 ・ステテコ&リラコ フルversion 私が制作したMP3は、テキトーなアレンジバージョンです(^^ゞ 唱歌:夏は来ぬ (プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怒りの日」音楽特集!

面白いと大好評!宝くじ『ロト7』のCM(妻夫木聡・ 柳葉敏郎出演)で流れるドラマチックな音楽は、モーツァルトの「レクイエム」から「怒りの日」(ディエス・イレ)。CMはこちら。 モーツァルト:レクイエム K.626~怒りの日 「怒りの日」ならヴェルディの音楽も超有名。こちらもすごくドラマチック! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田信長はどんな西洋音楽を聴いたか?

少し前になるが、テレビ番組「世界ふしぎ発見!」で、織田信長の黒人家臣を取り上げていて面白かった。信長の家臣に、"弥助"(彌助)という名前の黒人がいたことは知っていた。イタリア人宣教師のヴァリニャーノがお供(奴隷)として連れてきた黒人を、信長が大いに興味を示し、ヴァリニャーノから譲ってもらい、自分の家臣にしたのだ。番組では、当時、ヴァリニ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『チョコラBB』のCM~プレトリウス:ヴォルト

エーザイの『チョコラBB』最新CM(出演:川口春奈)で流れている音楽は、プトリウスの「ヴォルト」というルネサンス期の舞曲。よくこんなマイナーな音楽を取り上げたものですな。CM情報は次のところ。TVCM「白雪姫」篇&「シンデレラ篇」をクリックしてください。 →http://www.chocola.com/entertainment/ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

舞曲あれこれ

暑いですねぇ。こんな時は踊って暑さを吹き飛ばしてください(^^) まずはイタリアの作曲家ジョルジョ・マイネリオ(1535頃-1582)から一曲。「スキアラズーラ・マラズーラ」という舞曲です。だんだん盛り上がります。 ジョルジョ・マイネリオ:スキアラズーラ・マラズーラ 中世・ルネサンス期のイタリア舞曲をもう一曲(冒頭…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NHK大河ドラマ「天地人」に登場した音楽~カベソン:騎士の歌によるディフェレンシア

現在放映されているNHK大河ドラマ「天地人」の第5話で、初音(長澤まさみ)が南蛮渡来の小型オルガンを弾き、そのオルガンの音色を聴いた直江兼続(妻夫木聡)が、「琴や笛とも違う美しい音色だ・・・」と呟くシーンがありました。現実離れした爆笑シーンですが、そこで演奏されたのが、アントニオ・デ・カベソンという作曲家の代表作、「騎士の歌によるディフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザーク:インスブルックよ、さらば

ハインリヒ・イザークはルネサンス期のフランドル楽派の作曲家。「インスブルックよ、さらば」は、作曲者の最も有名な作品といわれています。この歌曲は、イザークがインスブルック(オーストリア西部の都市)を離れるときに作曲されたそうです。リコーダーの音色です。 イザーク:インスブルックよ、さらば YouTubeからも紹介してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『王は踊る』~リュリ:トルコ人の儀式のための行進曲

フランス国王ルイ14世と、宮廷音楽家リュリとの関係を描いた映画『王は踊る』。詳しい内容については、下の"goo映画"をご覧ください。 王は踊る(2000) - goo 映画 映画の冒頭で、音楽史で有名なエピソード、リュリの死の原因となった、演奏中に指揮棒(指揮杖)で、誤って自分の足を突き刺してしまうシーンが登場します。こりゃ痛そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の鳴き声を題材にしている曲特集~ジャヌカン:「鳥の歌」 他

昔から、鳥の鳴き声を題材にして作られた曲は多くあります。身近な鳥の鳴き声は、創作意欲をかき立てるんでしょうね。今回は、私が制作した作品の中から、鳥の鳴き声に因んだ曲を紹介したいと思います。 1.ダカン作曲/かっこう ダカン(1694~1772)はバロック期のフランスの作曲家。この鍵盤曲は、左手でカッコウの鳴き声の音型を奏でて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最古のカノン~夏は来たりぬ

「夏は来たりぬ」(作曲者不詳)は、1300年頃イギリスで作られた歌ですが、現存する世界最古のカノン形式による曲といわれています。曲は、下2声がお互いの声部の交換を繰り返しながら進行し(オスティナート・バス)、その上に4声が追いかけっこをする輪唱、すなわちカノンになっていて、高度な技法をもつ6声部の多声音楽です。それから、歌詞は2つあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more