テーマ:オルガン

CMアップル「iPhone6 &6 Plus」Duo篇&サントリーボス「卓球のカットマン」篇の曲

アップルのCM「iPhone 6 & 6 Plus」Duo篇で口ずさんでいる鼻歌は、リヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭部分。映画『2001年宇宙の旅』で使われてから、あまりにも有名になった曲である。 R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」 Op.30~冒頭部分 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ホテル・カレー』のCM~ヘンデル:ハープ協奏曲 変ロ長調(第1楽章)

ハウス食品『ザ・ホテル・カレー』のCMで流れている曲は、ヘンデルのハープ協奏曲 変ロ長調~第1楽章です。CM情報、まずは松坂桃李登場篇はこちら。 →http://housefoods.jp/products/tvcm/tvcm_onair121226_01_l.html 次に90秒CM、ザ・ホテル・カレー<新製品紹介篇&g…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

リクシルのCM~ショパン:ノクターン Op.9-1&バッハ:小フーガ

最近はオンエアされていないかもしれませんが、リクシル(LIXIL)のCMから、隠し上手なシステムキッチン『リシェル』(松下奈緒、木村多江出演)で流れるピアノ曲は、ショパンの「ノクターン Op.9-1」です。CM情報は次のところ。 →http://www.lixil.co.jp/s/number-one/richelle/ ショパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハの超弩級オルガン曲!前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548

J.S.バッハの「前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548」は、重厚で雄大な作風のオルガン曲。そのため「2楽章のオルガン交響曲」とも称せられることがあります。バッハの数あるオルガン作品を代表する一曲・・・ということなんですが、なぜか意外にマイナーなオルガン曲。フーガ部分は、上下に広がっていく音型が楔(くさび)のようだということから、「楔のフ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

目覚ましアラームに最適?~バッハ:目覚めよと呼ぶ声あり

新作です。J.S.バッハの「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV645は、6曲からなるシューブラー・コラール集の中の有名な第1曲。原曲はカンタータ第140番(BWV140)の第4曲で、バッハ自身がオルガン用にアレンジしたものです。タイトル名や爽やかな曲調から、この曲を朝の目覚ましアラームに設定している人も結構いるのでは?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ド派手なオルガン曲!~ヴィドール:トッカータ

シャルル=マリー・ヴィドール(1844-1937)の最も有名な曲が、オルガン交響曲第5番の終楽章トッカータ。大昔、たまたまFMラジオで流れていたのを聴き、えらく派手で景気のいいオルガン曲だなと驚きましたよ(^^) ちなみに、ヨーロッパではこの曲が結婚式に使われて親しまれているとか。派手派手な、いや華やかなところが、結婚式の雰囲気とマッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バッハの壮大な傑作オルガン曲!パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582

J.S.バッハの「パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582」は、重厚かつ壮大なオルガン曲の傑作として知られています。まさにキング・オブ・オルガンピースという言葉がふさわしい曲だと思います。曲の解説は『ウィキペディア(Wikipedia)』の次のところをご覧ください。 →http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末は「歓喜の歌」

年末はやっぱり、ベートーヴェンの「歓喜の歌(歓びの歌)」。ということでMP3をお届けします。大昔に作ったDTMなのでショボイです(^^; ベートーヴェン:歓喜の歌(歓びの歌) 短いですか?では、ついでにベートーヴェンの他の曲もアップしておきましょう。 ベートーヴェン:ロマンス第2番 ヘ長調 Op.50 本来は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河ドラマ「天地人」に登場した音楽~カベソン:騎士の歌によるディフェレンシア

現在放映されているNHK大河ドラマ「天地人」の第5話で、初音(長澤まさみ)が南蛮渡来の小型オルガンを弾き、そのオルガンの音色を聴いた直江兼続(妻夫木聡)が、「琴や笛とも違う美しい音色だ・・・」と呟くシーンがありました。現実離れした爆笑シーンですが、そこで演奏されたのが、アントニオ・デ・カベソンという作曲家の代表作、「騎士の歌によるディフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒッチコック劇場の有名なテーマ曲~グノー:マリオネットの葬送行進曲

スリラー映画の神様として知られているヒッチコックは、1950年~60年代にテレビ映画シリーズとして、『ヒッチコック劇場』を制作しました。その番組のテーマ曲として流れていたのが「マリオネットの葬送行進曲」です。ずっと長い間、この音楽は『ヒッチコック劇場』のオリジナル曲だと思っていました(笑) グノー:マリオネットの葬送行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉悦に満ちた魅力的な音楽!ヘンデル:オルガン協奏曲第6番~第1楽章

ヘンデル:オルガン協奏曲第6番 Op.4-6~第1楽章 愉悦に満ちた典雅な音楽で、ヘンデルのオルガン協奏曲の中では最もよく知られている作品。一度聴いたら忘れられない魅力的な音楽です。 ※追記。この曲をリニューアルしました。新しいMP3はこちら。 →http://8055.at.webry.info/201301/art…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【動画】ストイックで熱いオルガン演奏~バッハ:トッカータとフーガ ニ短調

J.S.バッハの最も有名なオルガン曲は、「トッカータとフーガ 二短調 BWV565」でしょう(たぶん)。この曲の冒頭部分、嘉門達夫が『たらり~鼻から牛乳』と歌っていたといえば、誰もが『ああ、あれねぇ』という反応のはず。嘉門達夫の曲だと思っている人も多いかもしれませんね(^^) この曲をアレンジして作っているものがあるので、そのMP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ルパン三世~カリオストロの城』で登場したバッハのオルガン曲

先日テレビで放映されていた『ルパン三世~カリオストロの城』。久しぶりに見たので、懐かしかったですねぇ。宮崎駿の初監督作品で、あのスピルバーグ監督が絶賛したというほど、評価が高いのも肯けます。その映画の中の、結婚式のシーンで流れるのが、荘厳なバッハのオルガン曲、「パストラーレ ヘ長調 BWV590」~第3楽章です。 J.S.バッハ:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーセル:トランペット・チューンとエアー

日清のカップラーメン「麺の達人」のCMテーマ曲。めんたつは~まるでなまめん♪・・・アレンジされながらも、ずっと使い続けていますね。最新のCMは次のところでご覧いただけます。 →http://www.nissinfoods.co.jp/product/cm/show_cm.html?cm_type=B&cm_id=228&bl_cd=9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more