CM/ハーバー「スクワラン」~ロンドンデリーの歌&オーラ・リー、家庭教師のトライ~無伴奏チェロ組曲第1番より前奏曲、マクドナルド~スケーターズ・ワルツ

ハーバー研究所の美容オイル、高品位『スクワラン』CM「出会い編」(出演:吹石一恵)で流れている音楽は、「ロンドンデリーの歌」(アイルランド民謡)。



「ロンドンデリーの歌」の旋律には、昔からいろいろな歌詞が付けられたが、フレデリック・エドワード・ウェザリーという人によって付けられた「Danny Boy」(ダニー・ボーイ)という歌詞(1913年)が最も有名。その後、「ダニー・ボーイ」というネーミングでも知られている。MP3はオルゴール版。

アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌
YouTubeより。



同じくハーバー研究所の『スクワラン』CMから「想い編」(出演:萬田久子)、こちらの音楽は「オーラ・リー」(アメリカ民謡)。



「オーラ・リー」とは女性教師の名前らしい。出版されたのは1861年で、当時アメリカは南北戦争が勃発、戦場に駆り出された多くの兵士たちは、故郷に残してきた恋人や妻を思ってこの曲を歌ったそうだ。

アメリカ民謡:オーラ・リー
YouTubeより。




次は、家庭教師のトライのCM「ストレートトーク」篇 。流れている音楽の原曲は、ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲の無伴奏チェロ組曲第1番から前奏曲。



チェロの聖典といわれるバッハの「無伴奏チェロ組曲」全6作品。なかでもこの第1番の前奏曲が最もよく知られている。

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007~前奏曲
YouTubeより。



無伴奏チェロ組曲第1番の全曲演奏はこちら(前奏曲 0:05 アルマンド 2:53 クーラント 8:03 サラバンド 10:47 メヌエットI/II 13:56 ジーグ 17:35)。




最後は、マクドナルドのCM、マックフルーリー ブラックサンダー「聞いてませんでした」篇。曲は エミール・ワルトトイフェル作曲の「スケーターズ・ワルツ」。



「スケーターズ・ワルツ」は19世紀末、フランスで流行したスケートを楽しむ上流階級の人たちの様子を描いた優雅なワルツで、ワルトトイフェルの代表作。MP3はオルゴール音色による簡易版。

エミール・ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ
YouTubeより。



"CM/ハーバー「スクワラン」~ロンドンデリーの歌&オーラ・リー、家庭教師のトライ~無伴奏チェロ組曲第1番より前奏曲、マクドナルド~スケーターズ・ワルツ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント