CMマルちゃん正麺カップ焼そば・汁なし担々麺~キエフの大きな門 他

画像

1.フマキラー「ゴキファイタープロ ストロング」のCMで流れている音楽は、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲。



CMで使われているメロディは、曲の冒頭、「マイスタージンガーの動機」といわれる部分。前奏曲の中心となる動機で、この動機がどんどん派生・発展していって、壮大な音楽を作り上げている。曲の詳細についてはウィキペディアでどうぞ。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲




2.PONOS(ポノス)のキモかわ☆にゃんこ育成ゲーム【にゃんこ大戦争】「ビックリマン×にゃんこ大戦争」CMで流れている音楽は、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」~第4楽章。




ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」~第4楽章冒頭部分(アレンジ版)



オーケストラ演奏による第4楽章全部はこちら。




3.東洋水産の「マルちゃん正麺カップ焼そば・汁なし担々麺」CM(出演:役所広司、二階堂ふみ)で流れる音楽は、ムソルグスキーの「キエフの大きな門」(組曲「展覧会の絵」より)。

「原始人・焼そば」篇



「原始人・汁なし担々麺」篇



「展覧会の絵」はムソルグスキーが、友人であったヴィクトル・ハルトマン(ガルトマンとも)の遺作展を歩きながら、そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものである(ウィキペディアより)。「キエフの大きな門」は、組曲のラストを飾る壮大な曲で、キエフに再建される予定だった大門のデッサンからインスピレーションを得たとされる。バラエティ番組『ナニコレ珍百景』で、珍百景が登場する際に流れる音楽として、すっかりお馴染みとなった音楽だ(笑)




現在、「展覧会の絵」は、ラヴェルがオーケストラアレンジした管弦楽曲が最も有名であるが、本来はムソルグスキーがピアノ組曲として作曲した作品。私が制作したMP3もピアノ版であるが、ムソルグスキー作曲の原典版ではなく、曲を世に広めるきっかけを作ったリムスキー=コルサコフによるアレン版で制作した。ちなみにこのMP3は、私が平成に制作した最後のDTM作品になります(^^)

ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」~キエフの大きな門



オーケストラ演奏はこちら。



"CMマルちゃん正麺カップ焼そば・汁なし担々麺~キエフの大きな門 他" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント