DAMA(2015冬)CM~バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番(第4楽章)

ディノスのファッションブランド『DAMA』(ダーマ)のTVCM「DAMA 2015冬 萬田久子、私服DAMA」編で流れている音楽は、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番より第4楽章。CMはこちら。



J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番 ハ長調 BWV1005~第4楽章(アレグロ・アッサイ)


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/144514800925786374179_bach_bwv1005_allegroassai.mp3

J.S.バッハの6曲から成る「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」は、伴奏を伴わない単独のヴァイオリンが奏でる奥深い響きによって、古今のヴァイオリン独奏曲の最高峰作品として君臨している。




YouTube上で、この曲をとっても珍しい楽器で弾いている映像を発見。いったい何だ、この楽器??調べてみると、「ニッケルハルパ」 というスウェーデンの民族楽器であることが判明。ウィキペディアによると、『弓で演奏する擦弦楽器であるが、フレットの代わりに弦を押さえるタンジェントという小片をもつキーによって演奏する鍵盤楽器であるともいえる』と解説されている。へぇ~(@_@)



ついでに、ニッケルハルパのタンジェントの動きがよく分かる動画も紹介しておこう。共鳴弦があって響きが豊かだね(^_^b




さて、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番」に話を戻そう。上で紹介した第4楽章もいいが、何といってもこのソナタ第3番の白眉は第2楽章の長大なフーガ。せっかくだからこのフーガの演奏動画も載せておきます。


"DAMA(2015冬)CM~バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番(第4楽章)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント