時計たちが奏でる粋な演奏~セイコー・クロック・オーケストラ

セイコーの時計たちがミュージシャン(ヴォーカル:エミ・マイヤー、キーボード:タッカー)と一緒に共演するテレビCMが公開された。その2つのヴァージョンのCMがこちら。演奏篇の曲は、グレン・ミラーの「ムーンライト・セレナーデ」。粋でオシャレなCMなのだ(^^♪

"Seiko Clock Orchestra"(セイコー クロック オーケストラ)
・チューニング篇



・演奏篇



上のCMは、9月28日(日)14時のTBSテレビ番組(地上波、関東ローカル)「Sound Inn"S"音楽のじかん」で公開。CMはこの時しか放送されていないようだ。

グレン・ミラー:ムーンライト・セレナーデ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/miller_moonlightserenade.mp3

「ムーンライト・セレナーデ」は、グレン・ミラー(1904-1944)が1939年に作曲したスウィング・ジャズの名作。後にミッチェル・パリッシュによって歌詞が付けられ、歌曲としても知られるようになった。



上の定番演奏もよいが、下の速いテンポのボサノヴァ風も心地よい。




ちなみに、日本で最初にテレビCMを流した企業もセイコー(当時は精工舎)だったことをご存知だろうか?CMは1953年8月28日に日本テレビで放送された。参考までに日本最初のテレビCMも紹介しておこう。


"時計たちが奏でる粋な演奏~セイコー・クロック・オーケストラ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント