バッハがぶっ飛んだ!フライング・バッハ

バッハの音楽とブレイクダンスが融合!ドイツのブレイク・ダンスチーム"フライング・ステップス"&1人のコンテンポラリー・ダンサー(川口ゆい)による驚異の「フライング・バッハ」、初の日本公演が11月に予定されています。この作品は、オペラ・ディレクターのクリストフ・ハーゲルの監督により、J.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集をヴィジュアル化したものだそうです。詳細な記事については、次のところを参照してください。
http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Article/RED-BULL-FLYING-BACH-World-Tour-Announce-021243226242693
※上の情報はリンク切れです。

テレビCMは次のところ。CMで流れているのは、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」第1巻~第2番 ハ短調 BWV847の前奏曲部分。
http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Video/Red-Bull-Flying-Bach-2012-TVCM-021243248857988
※上のCMは終了しました。

バッハとブレイクダンス・・・よくぞ、リンクさせたものです。バッハの頃の音楽、すなわち17~18世紀頃のバロック音楽は、舞曲(バロックダンス)を基調とした音楽であり、バッハも舞曲形式を基調とした音楽を書いています。この平均律クラヴィーア曲集は舞曲形式ではないですが、この曲集の中の前奏曲やフーガは、一定のリズムで推進していくことが多い音楽なので、ダンスミュージックには向いているんでしょうが、さらに振り付けでブレイクダンスを加えるとは斬新な試みですね。それにしても、平均律クラヴィーア曲集といえばバッハ最高峰の鍵盤作品とはいえ、一般的にそんなに知られているわけでもなく、わざわざこの音楽を選んでブレイクダンスにコラボさせるとは・・・普通は思いつかないもんです(@_@)


さて、CMで登場したバッハの曲ですが、残念ながら私はMP3を制作していないので、YouTubeから紹介しておきます。チェンバロによる素晴らしい演奏です。

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻~第2番 ハ短調 BWV847



それから、「平均律クラヴィーア曲集」の中から、私が制作したMP3を2曲載せておきます。

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻~第1番 ハ長調 BWV846


※MP3を差し替えました(2017/10/15)
(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/150799627454104489178_bach_bwv846.mp3


J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻~第9番 ホ長調 BWV878


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/123398179028916317132_bach_hkin2-9.mp3


最後に、フライング・ステップス&川口ゆいのユニットによる驚異のパワームーブ・シーンをどうぞ!



追記。上の映像で川口ゆいさんが登場するシーン(4分15秒頃~)で流れる音楽は、平均律クラヴィーア曲集第1巻~第10番 ホ短調 BWV855の前奏曲部分。踊りにマッチングしていて、すごく気に入りました(^_^b
ついでに曲もYouTubeから紹介しておきましょう。

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻~第10番 ホ短調 BWV855




※追記。その後、バッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻~第2番&第10番のMP3を制作したので、新たにブログにアップしました。そのブログ記事は次のところです。
http://8055.at.webry.info/201709/article_4.html

"バッハがぶっ飛んだ!フライング・バッハ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント