映画『ダイ・ハード2』にも登場!~シベリウス:フィンランディア

シベリウスの有名な作品である交響詩「フィンランディア」は、映画『ダイ・ハード2』の中で、ストーリーに合わせて効果的に流れていた音楽です。フィンランド出身のレニー・ハーリン監督にとって、主人公が果敢にテロリストと戦う姿と、「フィンランディア」が結びついていたんでしょうね。この作品が作曲された当時(1899年)、それまで認められていたフィンランド人によるフィンランド統治を、帝政ロシアが制限しようとしていました。それに反発し、愛国心を湧き起こさせる音楽が「フィンランディア」です。後に「フィンランディア」の中の美しい旋律部分に歌詞が付けられ、作曲者本人によって合唱用にアレンジされました。それが「フィンランディア賛歌」という作品です。「フィンランディア」についての詳しい解説は、次のところを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2

シベリウス:フィンランディア賛歌 Op.26-7



ここではピアノ版です。この「フィンランディア賛歌」が作曲された当時(1941年)、今度はソ連によって侵略され、フィンランドは国家存続の危機状態にありました。ロシアやソ連、もっと前はスウェーデンなど、大国に翻弄され続けたフィンランドの歴史は悲惨としかいいようがないですね・・・。


合唱曲は次のところをどうぞ。




交響詩「フィンランディア」はこちらです。




さて、話は変わりますが、現在中国とチベットも微妙な関係。2年程前、上海コンサートでチベット独立を叫んで波紋を呼んだミュージシャンがいました。アイスランド出身の人気シンガー・ソングライター、ビョークという歌姫で、中国当局に無許可で歌った「ディクレア・インディペンデンス」(Declare Independence=独立を宣言しよう)という曲で、「あなたたちの旗を高く掲げ、独立を宣言しよう」という歌詞の後に「チベット!、チベット!」と叫んだそうです。ちょうどこの頃、チベット自治区のラサで、独立を求める僧侶や市民による大規模デモが警官隊と衝突する事件が発生したこともあって、中国当局はビョークを批判しました。いや~、ビョークらしい過激なパフォーマンスですねぇ。その「ディクレア・インディペンデンス」のプローモーション・ビデオを紹介しておきましょう。アヴァンギャルドな音楽と映像で楽しめます(^^b




"映画『ダイ・ハード2』にも登場!~シベリウス:フィンランディア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント