多くのテクニシャンが挑む曲~「熊蜂の飛行」(リムスキー=コルサコフ)

リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」は、歌劇「サルタン皇帝」の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲、だそうです(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)。

リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行




さて、多くの演奏者が自分のテクニックを示そうとして、この曲にチャレンジしています。まずはエレキギターによる演奏動画。




次はアコーディオンで。




マリンバもスゴイ!




当然ブラスでもやってます。



"多くのテクニシャンが挑む曲~「熊蜂の飛行」(リムスキー=コルサコフ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント