CM/花王ハミング~ラプソディ・イン・ブルー、ギャラクシーバッズプロ~夜の女王のアリア、カルビーミーノ~オー・ソレ・ミオ

CM その1

花王ハミング消臭実感の新発売CM(出演:杉咲花、飯尾和樹)で流れている音楽は、ジョージ・ガーシュイン作曲の「ラプソディ・イン・ブルー」。CMはこちら。



追記。P&Gの JOY(ジョイ)W除菌のCM(出演:西島秀俊)でも「ラプソディ・イン・ブルー」が使われている。

【除菌ジョイ】スポンジ除菌で洗浄力を最大化! 30秒編



【ジョイW除菌ミラクル泡スプレー】汚れも菌の巣もW除去 30秒編



ジョージ・ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー
1924年に作曲された「ラプソディ・イン・ブルー」は、ガーシュインの代表曲のひとつで、クラシックとジャズを融合させたシンフォニックジャズとして高く評価された。MP3は2台ピアノ版。

YouTubeより。




CM その2

Galaxy Buds Pro(ギャラクシー バッズ プロ)のCM「極上のサウンド」 篇の途中で少しだけ流れる高音の女声の歌声部分は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の「夜の女王のアリア」(歌劇「魔笛」より)。CMはこちら。



「夜の女王のアリア」(復讐の炎は地獄のように我が心に燃え)は、歌劇「魔笛」第2幕で、復習に燃える夜の女王が娘に対して憎き相手を殺すように迫る場面で歌われる、この歌劇のもっとも有名なアリア。とてつもなく難易度の高い超絶技巧歌唱曲として知られる。MP3は制作していないので、下のYouTubeでどうぞ。




CM その3

カルビーの miino(ミーノ)のCM「食べてミーノ」篇(出演:川口春奈)で流れている替え歌の原曲は、イタリアのカンツォーネ「オー・ソレ・ミオ」。CMはこちら。



「オー・ソレ・ミオ」(私の太陽)は、恋人を太陽に例えて情熱的に歌い上げるイタリアのカンツォーネ(イタリアの、特にナポリ語で歌われる大衆的な歌曲)を代表する歌。作詞はジョヴァンニ・カプッロ、作曲はエドゥアルド・ディ・カプア(共同作曲家:アルフレード・マッツッキ)。歌詞はウィキペディアを参照してください。MP3はオルゴール版。

エドゥアルド・ディ・カプア:オー・ソレ・ミオ
YouTubeより。



この記事へのコメント