CM/トップ スーパーNANOX〔ライオン〕~ツィゴイネルワイゼン&堅あげポテト〔カルビー〕~ボレロ&じゃがいも心地〔湖池屋〕~皇帝

CM その1

ライオンのCM、トップ スーパーNANOX(ナノックス)「脱ほとんど水洗剤」篇(出演:二宮和也)の前半で流れる音楽は、パブロ・デ・サラサーテ作曲の「ツィゴイネルワイゼン」。



ツィゴイネルワイゼンは、派手で劇的でありながら哀感を持ち合わせる技巧的なヴァイオリン曲として知られる。題名は「ジプシー(ロマ)の旋律」という意味である。 いくつかのハンガリー民謡・大衆音楽の旋律を組み合わせて作曲されている。オリジナルはヴァイオリンと管弦楽であるが、ヴァイオリンとピアノで演奏する機会も多い(ウィキペディアより)とのこと。特に有名な冒頭部分を、ヴァイオリンとピアノによる音色でMP3を制作した。

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン Op.20 ~冒頭
YouTubeより。



ヴァイオリンと管弦楽による演奏はこちら。




CM その2

次はカルビーの堅あげポテトCMより。「朝富士で味わう」篇と「朝富士で舞う」篇(両CMとも出演者は十代目松本幸四郎)で流れている音楽は、モーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」。

・「朝富士で味わう」篇



・「朝富士で舞う」篇



※追記。ダイハツのタントカスタムのCM「タントカスタムの魅せるデザイン」篇でも「ボレロ」が使われている。



ラヴェル:ボレロ
MP3はピアノ音色による簡略版。

YouTubeより。



「ボレロ」はもともとバレエのために作曲された音楽。1967年ボリショイ・バレエによるボレロの映像を発見。これはいいね!




CM その3

最後は湖池屋のCMより。PURE POTATO じゃがいも心地「じゃがいも心地でいきましょう」篇(出演:水川あさみ)で流れている音楽は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」から第1楽章冒頭部分。



「皇帝」という副題は、ベートーヴェンが名付けたわけではなく、ベートーヴェンとほぼ同世代の作曲家兼ピアニストであり楽譜出版などの事業も手がけていたヨハン・バプティスト・クラーマーが、雄渾壮大とか威風堂々といった当楽曲で抱いた印象から付与したものといわれ、ベートーヴェンの死後、主として英語圏で定着した(ウィキペディアより)そうだ。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.73 「皇帝」~第1楽章冒頭
本来はピアノとオーケストラによる演奏だが、MP3は華麗な冒頭部分を2台のピアノ版で制作した。

YouTubeより。映像は全曲(全3楽章)演奏。



この記事へのコメント