CM三井住友カード「プラチナプリファード登場」篇~ティティーヌを探して&シャキッと!コーン 「バタ☆コンレッツバタコ」篇~草競馬

三井住友カード(三井住友フィナンシャルグループ)のCM「語り、語られる男 プラチナプリファード登場」篇(出演:小栗旬)で流れている音楽は、レオ・ダニデルフ作曲の「ティティーヌを探して」。CMはこちら。



この曲は、チャーリー・チャップリン監督・主演の映画『モダン・タイムス』の中で、チャップリン自身が歌った劇中歌「ティティナ」として登場し、一躍有名になった。映画の中の歌は、意味が不明(インチキ外国語?)の歌詞だそうだ。




MP3は、クラリネットとストリングス(ピチカート含む)の音色で制作した。

レオ・ダニデルフ:ティティーヌを探して

YouTubeより。



ニコニコ動画から初音ミクバージョン。ここの日本語歌詞は、映画の劇中歌ではなく原曲の歌のものだと思われる。




次は、シャキッと!コーン (はごろもフーズ) のCM「バタ☆コンレッツバタコ」篇(出演:みやぞん)。流れている音楽は、スティーブン・フォスター作曲の「草競馬」。CMはこちら。



スティーブン・フォスター:草競馬
ドゥダ~ドゥダ~♪でお馴染みの曲。

YouTubeより。




ところで、私の頭の中でこの「草競馬」と混同する曲が、ソルティー・シュガーが1970年にリリースした「走れコウタロー」。100万枚近いヒットとなり、ソルティー・シュガーは同年の第12回日本レコード大賞新人賞を受賞した。もともとバンド練習に遅刻を繰り返していたメンバーの山本厚太郎(山本コウタロー)に対するはやし歌であったものを、その後、競馬のコミックソングとして完成させたものらしい(笑)



この曲は後に「走れマキバオー」(アニメ『みどりのマキバオー』のオープニングテーマ)というタイトルでカバーされた。



この記事へのコメント