ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS ワイモバCM「新人魚姫」篇〜オールウェイズ・ラヴ・ユー&セブンCM〜デイ・ドリーム・ビリーバー 他

<<   作成日時 : 2018/12/02 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワイモバイル(Y!mobile)のCM「新人魚姫」篇(出演:吉岡里帆、瑛太)で流れている音楽は、ホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」。CMはこちら。



他にもワイモバイルのCM「世界の中心でYを叫ぶ」篇や、「Y!は愛だ 世界の中心でYを叫ぶ」篇でも同曲が使われている。「Y!は愛だ 世界の中心でYを叫ぶ」篇はこちら。



1992年にリリースされた、映画「ボディガード」の主題歌として有名な曲。



実はこの曲にはオリジナルがあった!

前回のブログ記事で取り上げたテレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』から、11月11日放送「プロが選ぶ傑作カバー曲特集!」の中でも、この曲が紹介されていた。原曲は、アメリカのシンガーソングライター、女優、作家として活躍するドリー・パートンが作詞作曲したカントリーの楽曲(シングルのリリースは1974年)。曲の推薦者は、「原曲は牧歌的な雰囲気。それをホイットニーの歌でアレンジを変え、世界的な名曲に生まれ変わらせた」(ゴスペラーズ:安岡優)とコメントしている。

ドリー・パートンの原曲はこちら。




もうひとつ、『関ジャム』で紹介されたカバー曲で、長らくセブンイレブンのCMで流れているのは、タイマーズの
「デイ・ドリーム・ビリーバー」。CMはこちら。



「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、1967年に発表され、4週連続全米1位を記録したモンキーズの大ヒット曲。その曲を、忌野清志郎が結成したバンドのタイマーズ(清志郎は別名義“ZERRY”として歌っている)が1989年にカバーした。作詞したのは清志郎。原詩とは異なり、清志郎の亡き母への思いが込められている歌詞だそうである。

忌野清志郎が歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」はこちら。



モンキーズの原曲はこちら。




次のCMは、『関ジャム』ネタから離れますが、やはりカバー曲。京セラの企業CM「パーフェクトシナジー」篇で流れるのは、エルガーの行進曲「威風堂々」第1番の有名な中間部分をアレンジし、新たにオリジナルの歌詞を付けてCM用にカバーしたものらしい。「自分を磨く仲間が集えば想像を超えていける。」みたいなことを歌っているようです(笑)
このCMについて解説している京セラのサイトは次のところ。
https://www.kyocera.co.jp/social/ad/20181004-1/

60秒CMはこちら。パワフルな歌声に思わず惹き込まれてしまう。



「威風堂々」第1番の中間部分については、過去にDTM制作しているので、MP3を載せておきます。普通「威風堂々」といえば、このメロディ部分を指すことが一般的で、ドラマやCM、また卒業式なんかでも取り上げられることが多い曲。

エルガー:行進曲「威風堂々」第1番より


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/elgar_ifudo01.mp3

「威風堂々」第1番全曲はこちら。




「威風堂々」第1番は1901年に作曲されたが、行進曲なので、当然ながら、この中間部分は歌詞のないインスト曲。しかし、イギリス国王から歌詞付きが欲しいという要望で、エルガーは1902年、国王のための『戴冠式頌歌』の中で、中間部分の旋律を転用して歌詞を付けた曲を書いた。その曲が、イギリスの愛国歌「希望と栄光の国」である。

「希望と栄光の国」(『戴冠式頌歌』より)はこちら。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワイモバCM「新人魚姫」篇〜オールウェイズ・ラヴ・ユー&セブンCM〜デイ・ドリーム・ビリーバー 他 ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる