生レンズコンタクトCM~サティ:グノシエンヌ第3番 他

現在オンエア中、コンタクトレンズ「デイリーズ トータル ワン」(日本アルコン)のCM「生感覚レンズ」篇(出演:綾野剛、美知枝、井端珠里)で流れる独特の雰囲気のピアノ曲は、エリック・サティの「グノシエンヌ」第3番。CMはこちら。



追記。CM第二弾、時代遅れ篇(出演:綾野剛、井端珠里、鈴木まりあ、鈴木みな)はこちら。



「グノシエンヌ」は、エリック・サティが1889年から1891年と1897年に作曲したピアノ曲。サティが24歳の時に作曲した第1番から第3番の3曲は「3つのグノシエンヌ」として有名(ウィキペディアより)。

エリック・サティ:グノシエンヌ第3番


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/002/153041659509381930179_satie_gnos03_2018.mp3

YouTubeより。



面白いバンド演奏を発見!




第3番とよく似た感じの曲は第1番。「グノシエンヌ」の中で最も有名な曲だろう。

エリック・サティ:グノシエンヌ第1番


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/123427841547516205406_satie_gnos01.mp3

YouTubeより。



グノシエンヌ第1番は、北野武の初監督映画「その男凶暴につき」(1989年)でも使用された。映画では、凶暴性とひょうきんな部分を併せもった、ビートたけし(北野武)演じる主人公のテーマ曲として登場している。



主人公のテーマ



この記事へのコメント