ドラマ「宮本から君へ」エンディング曲~MOROHA:革命 他

エバラ食品のCM、「おろしのたれ 素材そのまま」篇で流れている音楽は、モデスト・ムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』から「プロムナード」。CMはこちら。



ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」~プロムナード


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/125440137698916323198_mussorgsky_promenade.mp3

『展覧会の絵』は、ムソルグスキーの友人である画家のハルトマンが描いた絵の10枚を選んで、その絵を見た印象を音楽で表現したもの。プロムナードは、作曲者自身が絵を歩いて見て回る様子を描写しているといわれ、この組曲の中で最も有名な音楽。

YouTubeより。




次も同じくエバラ食品のCMで、「浅漬けの素 おいしい朝」篇で流れている音楽は、エドヴァルド・グリーグの『ペール・ギュント』第1組曲の中の第1曲「朝」。CMはこちら。



『ペール・ギュント』第1組曲 Op.46 ~第1曲「朝」


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/grieg_morning.mp3

清々しい朝の雰囲気が漂う音楽。オルゴール音色による短い簡略版。

YouTubeより。




ところで、現在、テレビ東京の深夜ドラマで「宮本から君へ」(主演:池松壮亮)が放送されている。1990年代前半に週刊「モーニング」で連載されていた新井英樹原作の人気漫画が、30年近く経って実写化されるとは驚きだ。青臭くて不器用な主人公が営業マンとして成長していく話で、ドラマはちょうど佳境を迎えており、先週(第11話)の放送では、主人公が見積書を書いてもらうため、相手が了承するまで、路上で転がりながら何度も土下座するシーンは圧巻(過去に漫画でリアルタイムに読んでいたので、とても懐かしかった)。このシーンはドラマのクライマックスだが、それにしても主人公役の池松壮亮の大熱演のせいか、とんでもなく暑苦しく…、いや熱苦しく感じられる(笑)

第11話の予告編



※追記。現在第12話が無料配信されています。
(配信終了は7月6日(金)25:27)
https://video.tv-tokyo.co.jp/miyamoto_kimi/episode/00065036.html

さて、そんな熱いドラマのテーマ曲には、やはり熱い歌が似合う。ドラマのオープニングテーマ曲は、エレファントカシマシの「Easy Go」。ちなみにウィキペディアによると、「宮本から君へ」の主人公の名前は“宮本浩”で、原作者がファンである、エレカシのヴォーカル“宮本浩次”から採ったものらしい。



エレファントカシマシ 「Easy Go」 Short ver.




そして、ドラマのエンディングテーマ曲がMOROHAの「革命」。初めて聴いたときにインパクト大で、すぐに興味を持った音楽。

MOROHA 「革命」 MV



MOROHA(モロハ)とは、アフロという歌い手(MC)と、UKというギタリストによる2人組のユニット。ウィキペディアによると、MOROHAは高校の同級生だったアフロとUKが2008年に結成、2010年10月21日にROSE RECORDSからファーストアルバム「MOROHA」でデビューしたらしい。メッセージ色が強い歌詞を、アフロが独特の熱い語り口調で歌う。んっ!?この世界観は竹原ピストルに似ているではないか。実際、MOROHAは竹原ピストルをリスペクトしており、ライブで共演することもあるらしい。竹原ピストルについては、過去にブログ記事を書いているので参照してください。
http://8055.at.webry.info/201704/article_1.html

アフロの独特の高い声は強烈で印象に残るが、それ以上に執拗反復音型を奏でるUKのギターが私のお気に入り。時に激しく、時にリリックなギター演奏、これはハマってしまう…。

他のMOROHAのミュージックビデオもいくつか載せておきます。

・奮い立つCDショップにて



・tomorrow (出演:東出昌大、中村映里子)



・三文銭



この記事へのコメント

楽寿園カピバラ
2018年07月06日 14:03
仕事がバタバタし、やっと暇に。

MOROHA、こんな人が人がいたのだね!すごい!

竹原ピストルが好きで、心酔している様子が歌詞や曲調からよくわかる。

ドスの利いた声や歌詞は、やはり竹原の方が良い。ただ、ギターサウンドははまるね。

竹原が先駆者になって、これから色々出てくると面白し、是非期待したい!

暑くなったね。

夏は涼しい朝霧高原や富士五湖でゆっくり過ごしたい。猛暑の市街地はもう御免です!
2018年07月07日 01:31
こんばんは、楽寿園カピバラさん。お仕事大変そうですね。お疲れさま!

MOROHAは、竹原ピストルの世界観が好きな人にはハマりそうな音楽だね。ただし、アロハの声は独特だから、好き嫌いが分かれそう。私は執拗反復音楽が好きなので、UKのギターサウンドにハマってしまいましたよ(笑)

竹原ピストルの先駆者といえば長渕剛、その上の世代だと吉田拓郎か?メジャーにならなくても、個性的な音楽観を持ったミュージシャンが今後も出て来ると面白いね。

今年の夏はスーパー猛暑になりそうだから、涼しいところへ行きたいね。朝霧高原や富士五湖はナイスな選択ですな(^^b