カップヌードルナイスCM「冒険のはじまり」篇~ヘンデル:サラバンド 他

カップヌードルナイス(日清食品)のCM「冒険のはじまり」篇(出演:東野幸治、久保田和靖(とろサーモン)、坂井良多(鬼越トマホーク)、蛭子能収)で流れている音楽は、ヘンデルの「サラバンド」(ハープシコード組曲 ニ短調 HWV437より)。CMはこちら。



この曲はもともと鍵盤曲、ピアノの前身楽器であるハープシコード(もしくはチェンバロともいう)で演奏される作品だが、重厚な曲調のせいか、CMのようにオーケストラアレンジで演奏されることがよくある。

ヘンデル:ハープシコード組曲 ニ短調 HWV437~サラバンド


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/124775272760016305166_handel_sarabandeHWV437.mp3

MP3はハープシコード(チェンバロ)の音色で制作。

YouTubeより。スタンリー・キューブリック監督の映画『バリー・リンドン』(1975年英)のテーマ曲としてアレンジされたオーケストラバージョン。




次は、炭酸飲料『RAIZIN(ライジン)』(大正製薬)のCM「集団行動TOP」篇、「集団行動CENTER」篇、「集団行動LAST」篇で流れている音楽は、ヴィヴァルディの「春」(第1楽章)。CMはこちら(「集団行動TOP」篇)。



ヴィヴァルディ:協奏曲 Op.8-1「春」~第1楽章


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/149226817276832986179_viva_haru_2017.mp3

制作したMP3はストリングス版。

YouTubeより。




それから、ビオレデオドラントZ(花王)のCM「17年新発売Zダンス」篇(出演:渡辺直美)で流れている音楽は、ラヴェルの「ボレロ」。CMはこちら。




制作したMP3はピアノ音色による簡略版。

ラヴェル:ボレロ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/130901078056016205750_ravel_bolero.mp3

上のCMは、モーリス・ベジャールという振付家が考案した振付をアレンジしている。「ボレロ」は、今ではすっかり管弦楽曲として定着しているが、元々はバレエのために作曲された音楽。「ボレロ」にはいろいろなバレエの振付があるが、中でも1960年頃発表されたモーリス・ベジャールによる振付がもっとも有名。映画『愛と哀しみのボレロ』(クロード・ ルルーシュ監督、1981年仏)の終盤で、このベジャール振付によるボレロが使われ、バレエダンサーであるジョルジュ・ドンともどもベジャールの振付は一躍世界的に知られるようになったらしい。過去記事で取り上げたことがあるので、参考までにお知らせしておきます。
http://8055.at.webry.info/201106/article_3.html
http://8055.at.webry.info/201409/article_1.html

YouTubeより。マイヤ・プリセツヤカというダンサーが、ベジャール振付で踊った映像。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック