祝!ノーベル文学賞~ボブ・ディランの音楽 他

2016年のノーベル文学賞はボブ・ディラン氏が受賞?へぇ~!?という感じだが、詩人として評価されたようだ。そもそもボブ・ディラン氏が、権威あるノーベル文学賞の受賞を喜んでいるのかどうか定かではないが、とりあえず、今回は彼の曲を取り上げてみよう。

・ライク・ア・ローリング・ストーン(Like a Rolling Stone)



この曲を和訳して歌っている人の動画があった。いいね(^_^b




・天国への扉(Knockin' on Heaven's Door)



上と同じ人が和訳して歌っているバージョン。こちらも素晴らしい。




・風に吹かれて(Blowin' In The Wind)



和訳歌詞付きカバー・バージョン。




さて、「風に吹かれて」出てきたので、ここからはボブ・ディランの音楽から離れて、“風”を感じる別の曲に移りたい。つまり、私の制作したMP3を登場させる必要があるので、強引に移ります。ご容赦ください(^^;
で、その曲というのが、大昔のオールディーズ…アメリカの音楽じゃないから違うか、大昔のイタリアのポピュラーソングで、ジローラモ・フレスコバルディ(1583~1643)の「そよ風吹けば」というナンバー。 YouTubeで検索すると、まあよくこんなに多くの人が投稿するもんだ、と感心するくらい、たくさんの映像が出てくる大人気の歌だ(@_@)

・ジローラモ・フレスコバルディ:そよ風吹けば(Se l'aura spira)



歌声もウクレレもいいね(^_^b

この曲の歌詞内容についての詳細な解説(PDF)がありました。ご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

本来は歌曲だが、MP3はリコーダー四重奏版として制作した。

フレスコバルディ:そよ風吹けば


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/129514461952816111872.mp3


自由で個性的な演奏者たちの映像はこちら(^O^)




もうひとつ。躍動感あふれる演奏♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック