西友プライスロックCM「おしゃべりレジ ヘソクリ」篇~ショパン:エチュード「革命」

西友プライスロックCM「おしゃべりレジ ヘソクリ」篇で流れる音楽は、フレデリック・ショパン作曲のエチュード(練習曲) Op.10-12 「革命」。CMはこちら。奥さんの最後の顔が・・・(^O^)



CMを見た後、大慌てで曲を制作したのだが、仕事から帰ってきた後にチマチマ作っていると、完成まで2週間くらいかかってしまった。最近このCMを見かけなくなったが、放送終了!?時機を逸してしまったか・・・(^^:ゞ

ショパン:エチュード Op.10-12 「革命」


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/146388525684554594177_chopin_etude10_12.mp3

練習曲(エチュード)には「革命」という標題が付けられているが、これは曲が作られた1831年当時、その前年に起こった、ロシアの圧政に苦しめられていたポーランドの「11月蜂起」(カデット・レボリューション=士官学校の「革命」)の失敗に由来するといわれる。ショパンは、ポーランド人の作曲家として、失敗に終わった「革命」に対し、このエチュードで激しい怒りを表現したとされるが、どうもこれは作り話であり、ショパンは「革命」を意識せず、単純に練習曲としてこの曲を作ったらしい。

YouTubeより。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック