DAMA(2015冬)CM~バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番(第4楽章)

ディノスのファッションブランド『DAMA』(ダーマ)のTVCM「DAMA 2015冬 萬田久子、私服DAMA」編で流れている音楽は、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番より第4楽章。CMはこちら。



J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番 ハ長調 BWV1005~第4楽章(アレグロ・アッサイ)


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/144514800925786374179_bach_bwv1005_allegroassai.mp3

J.S.バッハの6曲から成る「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」は、伴奏を伴わない単独のヴァイオリンが奏でる奥深い響きによって、古今のヴァイオリン独奏曲の最高峰作品として君臨している。




YouTube上で、この曲をとっても珍しい楽器で弾いている映像を発見。いったい何だ、この楽器??調べてみると、「ニッケルハルパ」 というスウェーデンの民族楽器であることが判明。ウィキペディアによると、『弓で演奏する擦弦楽器であるが、フレットの代わりに弦を押さえるタンジェントという小片をもつキーによって演奏する鍵盤楽器であるともいえる』と解説されている。へぇ~(@_@)



ついでに、ニッケルハルパのタンジェントの動きがよく分かる動画も紹介しておこう。共鳴弦があって響きが豊かだね(^_^b




さて、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番」に話を戻そう。上で紹介した第4楽章もいいが、何といってもこのソナタ第3番の白眉は第2楽章の長大なフーガ。せっかくだからこのフーガの演奏動画も載せておきます。


この記事へのコメント

2015年10月25日 08:03
ニッケルハルパ,すごく気になりました。
アップしてみたところ,想像していた感じと違ったので益々興味津々です。
DTM始めましたが,やはり難しいです。
ドラムの場合、断念してしまいそうです。
いろいろ教えてもらえたら有り難いです。
2015年10月25日 22:56
こんばんは、おーちゃんさん。ニッケルハルパ、おもしろいですね。世界にはいろいろ知らない楽器があるもんですね。

ところで、おーちゃんさんもDTMを本格的に始めましたか。ハマる人はハマりますからね。音楽好きにとっては奥深い世界です。

ただDTMについては、残念ながら、おーちゃんさんへの助言は難しいかな。なぜなら、おーちゃんさんのDTMは実際に自分でギターを弾いて制作するのに対し、私はPCでの打ち込み方式、好きな楽器もおーちゃんさんはギター、私はピアノだし、好きなジャンルや編成なんかも違う。要は音楽の方向性が全く違う(笑)ので、お教えできないですよ。例えば、おーちゃんさんがピアノ曲を作る時に装飾音はどのように演奏するのか、ということは助言できても、私がほとんど制作しないバンド編成曲のドラムパートをどうすればいいかと聞かれても、お答えできない。ウチに来るより、ギター好きでバンド曲をDTM制作するような同好の士を探して出して交流を持ったらいかがですか?(^^)

この記事へのトラックバック