ナノ・ユニバースのCM~ハバネラ

ファッション・ブランド『ナノ・ユニバース』のレディース篇TVCMで流れている音楽は、フィリッパ・ジョルダーノの「ハバネラ」(ビゼーの歌劇「カルメン」より)。CMはこちら。




ビゼー:ハバネラ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/133198735111913123714_bizet_habanera.mp3

MP3はピアノ版。歌劇の「ハバネラ」はこちら。



※歌劇「カルメン」のその他の楽曲については以前の記事で取り上げています。興味のある方はどうぞ。
http://8055.at.webry.info/201203/article_4.html

フィリッパ・ジョルダーノは、イタリア出身のクラシカル・クロスオーバーの女性歌手。ウィキペディアによると、デビュー以来早い時期から度々日本を訪れてコンサートツアーを開催しており、日本での知名度も高いそうだ。彼女が歌う「ハバネラ」はこちら。スゴクいいぞ(^_^b


この記事へのコメント

2014年11月07日 01:48
フィリッパ・ジョルダーノ、初耳です。
ボーカルにエフェクター掛けられてますが、それが独得の空気を醸し出していて面白いです。
それにしても外国の歌手たちはクラッシックの名曲をカバーするのが多い。
何故日本の…いわゆるJポップの人たちはしないんでしょ?
そこから新な展開が産まれることもあるかも…ッて思わないのか、はたまたオリジナルに拘るのが佳いと思っているのか。
こんなカバーしてくれると面白いと思うんですけどねェ。
2014年11月09日 01:12
こんばんは、おーちゃんさん。
何故Jポップの人たちはクラシックの名曲をカバーしない?まずクラシックに親しんでいるかどうかということがあるでしょうし、外国語で歌うとなるとそれなりの努力と才能が必要になってきますからね。そもそもおーちゃんさんが言うJポップの人って、日本語の歌しか歌わない歌手ってこと?外国語で歌うことが得意な日本の歌手じゃダメなんですか?たとえば前回の記事で紹介した小野リサさんは、クラシックじゃないけどスウィング・ジャズの古典的名曲「ムーンライト・セレナーデ」を見事にカバーしてますよね?それから、1年ほど前の記事で紹介したおーちゃんさんも御存知の森岡みまさん(元コスミック・インベンション)も、クリスマスキャロルの「The First Noel」を見事にカバーしてますし・・・。そうそう、今は亡き本田美奈子さんは「アヴェ・マリア」や「アメイジング・グレイス」なんかをカバーしてます。YouTubeで、彼女が英語と日本語を交互に使い分けて熱唱している「アメイジング・グレイス」があるので、紹介しておきましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=Ps7Q84YE9is

この記事へのトラックバック