映画『アナと雪の女王』主題歌~「Let It Go」祭り!

映画『アナと雪の女王』主題歌である「Let It Go」が快進撃!まだまだ"レリゴー現象"は止まらないようだ。中毒性が強く、曲のメロディが頭にこびりついてしまった。そんなわけで今回は「Let It Go」特集!!脳内ループに御注意ください(^O^)

まずは御本家イディナ・メンゼルから。




次は22人の歌姫による25カ国バージョンの収録風景動画(松たか子は1分11秒に登場)。これは楽しい!




アレックス・ボイエとレクシー・ウォーカーがカバーしたアフリカンテイストの「Let It Go」が大人気。YouTube動画再生回数は4000万を突破。それにしてもこの少女の歌唱力はスゴ過ぎ!(@_@)




さらに「Let It Go」進化形のチェロ&ピアノによるインストバージョンもあるぞ。ザ・ピアノ・ガイズ(The Piano Guys)というユニットが演奏していて、こちらの動画再生回数も1600万を超える人気ぶり!




このThe Piano Guysがカバーした「Let It Go」には、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した「冬」の第1楽章部分をコラボさせている。ヴィヴァルディの「冬」の第1楽章については、先日オルゴールバージョンでMP3を制作したので、ここに載せておく。

ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』 Op.8-4「冬」~第1楽章


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/140059323346306081225_viva_huyu01.mp3

この第1楽章は、「冷たく激しい風雪にガタガタ震え、足踏みしながら駆けても、寒さで歯の根が合わずにカタカタ鳴っている」情景を表現している。シンプルかつダイナミックな音楽で、テレビCM等でもよく使われ、人気を博している。以前の記事でも紹介したが、ギル・シャハムというヴァイオリニストによる素晴らしい演奏動画を、ここでも再度紹介しておこう。




締めは松たか子による「Let It Go」日本語バージョン。彼女のまろやかで透き通った歌声はいいね(^_^b


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック