『さくら』祭り

いよいよ桜の見ごろの時期が到来!今回は『さくら』にちなんだ数々の名曲特集です。

まずは基本中の基本、日本古謡の「さくら」から。MP3はオルゴールの音色で制作。

日本古謡:さくら


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/139670864534037399225_sakura.mp3

この曲の有名なアレンジ作品が、宮城道雄が作曲した「さくら変奏曲」。これは名曲だ(^_^b

宮城道雄:さくら変奏曲




ここからはJ-POPSへ。『さくら』関連の曲はいくらでもあるが、いつもながら独断と偏見で選んでみました(^^)

・森山直太朗 - 「さくら(独唱)」 ・・・トップクラスの人気を誇る、今や定番の”桜ソング”。




・熊木杏里 - 「桜」 (コブクロ 「桜」 のカバー) ・・・もちろんコブクロもいいが、熊木杏里のきれいな歌声もいい。




・Bird (バード) - 「桜」・・・独特のマッタリ感がお気に入り。




・スピッツ - 「チェリー」・・・ミリオンセラーの名曲!




・松たか子 - 「サクラ・フワリ」・・・現在公開中のディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌を歌い、世界のネットユーザーから称賛された松たか子の歌声。そんな彼女が歌った1998年発売の隠れた逸品。




・ケツメイシ - 「さくら」・・・数ある”桜ソング”の中で、私が最も好きなのがコレ(^^)


(PV)ケツメイシ - さくら 投稿者 Daisaku0902

この記事へのコメント

2014年04月12日 08:25
あっと言う間に散る桜にいろんな楽想を得るのか、ホントに様々な曲があるものです。
さすが宮城道雄氏と云おうか、昼間部のモダンさに驚くばかりです。
レゲエのリズムで歌うbirdのは斬新です。
個人的にはやはりスピッツの方が好きなのでした。
2014年04月13日 00:33
こんばんは、おーちゃんさん。
宮城道夫氏は西洋音楽の発想を、邦楽に取り込んだ柔軟な作曲家として知られています。1923年に作曲された「さくら変奏曲」の"変奏曲"という概念も西洋音楽の発想です。おーちゃんさんがおっしゃるように、中間のモダンな変奏曲は素晴らしいですよね。上のYouTube映像で2分47秒辺りから始まるワルツ調の「さくら」が特に気に入ってます。
それから、記事で紹介した"桜ソング"はどれも好きですが、カラオケで歌うとすれば(実際に歌ってますが)、私もスピッツを選びます。ケツメイシの曲だと途中で窒息してしまいますから(^O^)

この記事へのトラックバック