CM「UNTITLED(アンタイトル)」~バッハ:サラバンド(パルティータ1番BWV1002より)

安室奈美恵を起用したワールドのCM「UNTITLED(アンタイトル)」、一度観たら忘れられない個性的なCMとして大きな話題になった。そのCMで流れているのが、J.S.バッハの「サラバンド」(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002 より)という曲である。CMではサックスによるインパクトのある演奏で、これが美しい映像と合わさると強烈な印象を残す。私は最初、バッハの曲とは分からず、CM用に作曲したバロック音楽風のオリジナル曲だと思っていた(^_^ゞ

「VEIL」篇



「BRIDGE」篇



次の「UNTITLED」公式チャンネルでは、スペシャルムービーも視聴できます。
http://www.youtube.com/user/UNTITLEDnejp


「サラバンド」とは、3拍子による荘重な舞曲形式の音楽のこと。詳しくはYahoo!百科事典からどうぞ。オルガンの音色で制作したMP3をアップしておきます。

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002~サラバンド
(プレイヤーが表示されない場合は上記の曲名をクリックして聴いてください)




本来のヴァイオリン演奏はこちら。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2013年11月12日 07:56
CMの方見てて思ったんですけど、アコーディオンをリードにして リズムを付けて…。
三拍子とありますが、6/8に変換してタンゴ風のアレンジをしたら、せわしないけれど面白かったりして…。
でもMP3とヴァイオリン演奏を聴いてると、無伴奏の方がバッハらしいか…ッと思てもみたり。
とは想いながらテンポアップしてジプシー風に鳴らすのも面白いかと思ってもみたり。
色んなイマジネーションが湧いてくる曲なのかも。
2013年11月12日 21:55
こんばんは。おーちゃんさんの思ったとおりに、ご自由にアレンジして、ギターで演奏してみたらいかが?この「サラバンド」については、YouTube動画をいろいろ視聴してみましたが、ヴァイオリン曲にもかかわらず、なぜかギター演奏が一番多かったですよ。ギタリストにとっては食指が動く曲なんでしょうね(^^)
2013年12月15日 16:54
こちらの記事を拝見し
私も同内容を記事にしていたので
たいへん驚きました!(笑)
良い曲ですね~

もしかして共感しあえる点が
多い方かもしれない…
そう勝手に思い始めております。

フュージョン、
特にミニマルサウンドが好きです。
お気に入りはパット・メセニー氏。
今後もよろしくお願いいたします。
2013年12月15日 22:48
小枝さん、コメント、ありがとうございます。
当ブログはCMで使用されている曲を記事にすることが多いので、同じ曲について、他の方のブログ記事とバッティングすることはよくありますね。
ほほう、小枝さんもミニマルサウンドがお好きですか?それは好みが合いますね(^^)
ギタリストのパット・メセニーについては詳しく知りません。ただ、スティーヴ・ライヒの「エレクトリック・カウンターポイント」という曲で、彼の演奏を聴きました。いい演奏だと思います。
2013年12月16日 17:15
拙ブログにお立寄りいただき
どうもありがとうございます♪

>ただ、スティーヴ・ライヒの「エレクトリック・カウンターポイント」という曲で、彼の演奏を聴きました。いい演奏だと思います。

*そうです、そうです!
ライヒの、
「エレクトリック・カウンターポイント」
この曲で私はメセニーに惹かれまして。
素敵な演奏ですね。

特注のピカソギターを奏でるメセニーも
素晴らしいです。
アナ・マリア・ヨペックとの
コラボも素敵でよく聴いています。

好みが合う方と出会えうれしいです。
2013年12月16日 22:34
こんばんは、小枝さん。ははあ、ライヒの曲でメセニーに惹かれたんですか?それは私と一緒ですね(^^b
ただ、好みのかぶる部分ありますが、たぶん小枝さんとは本質的に違っているような気がします。私はどちらかというと、叙情的な曲調より激しい曲調、ハードな音楽が好物なんですよ(^^)
小枝
2013年12月16日 22:44
叙情的なものもよいですが
私も結構ハードなものが
好きですよ…
エニグマ、
アラン・パーソンズetc.etc..
また拙ブログにて取り上げますので
その際には是非また
冷やかしにお越し下さいね(笑)

この記事へのトラックバック