WOWWOWのCM「日本やるじゃん物語」~ハイドン:ピアノ・ソナタ第34番(第3楽章)

WOWWOWのCM「日本やるじゃん物語」で流れているピアノ曲は、ハイドンのピアノ・ソナタ第34番(ウィーン原点版では第53番)から第3楽章部分である。「日本やるじゃん物語」にはいくつかのバージョンがあるが、とりあえず2篇のCM「後ろ手篇」と「犬篇」を紹介しておこう。






この第34番は憂いを含んだ爽やかな曲想のソナタで、ハイドンのピアノ・ソナタの中では比較的よく弾かれる曲である。ハイドンは50曲以上のピアノ・ソナタを作曲していて、数からすると同時代人のモーツァルトやベートーヴェンより凌いでいるが、シンプルで地味なせいか、注目されることはほとんどない。ただし、逆にその控えめでモノクロームな雰囲気が、大げさ過ぎず魅力的だったりする。

ハイドン:ピアノ・ソナタ第34番 ホ短調 Hob.XVI-34 ~第3楽章



この曲の第1楽章については、過去にMP3を作っているので紹介しておく。

ハイドン:ピアノ・ソナタ第34番 ホ短調 Hob.XVI-34 ~第1楽章
(プレイヤーが表示されない場合は上記の曲名をクリックして聴いてください)




さて、もう一曲、ハイドンのピアノ曲を紹介しておこう。ジプシー風味の味わいをもった、生き生きとしたリズムが特徴の楽しい作品。

ハイドン:ジプシー・ロンド
(プレイヤーが表示されない場合は上記の曲名をクリックして聴いてください)



上のMP3はピアノ・ソロ用にアレンジされたスコアから制作したもので、本来はピアノ三重奏の作品。原曲はYouTubeからどうぞ。

ハイドン:ピアノ三重奏曲第25番 ト長調 Hob.XV-25 ~第3楽章


この記事へのコメント

2013年03月10日 08:41
はじめの方は左手、簡単そうに聞こえたのですが後半は無茶苦茶難しそうです。
リズムキープと強弱の差で上手い下手が解りそうな厳しい曲だと思います。
とは言いながらはじめの段階で手を挙げたりして。
2013年03月10日 11:18
おはようございます、おーちゃんさん。
おーちゃんさんのおっしゃるとおり、こういうシンプルな曲は、すぐに演奏の上手い下手が解ると思います。ここにアップしているMP3は、私自身が弾いたわけでなく、パソコンに弾かせて制作したものですが、音の強弱や長さ、リズムのテンポなど、注意深く設定してみました。とはいっても、手抜き癖がついているので、おおらかな、いや、大雑把なハイドンになっているかもしれません(^^;

この記事へのトラックバック