野村不動産『プラウド』のCM ~"Someone To Watch Over Me"(ガーシュイン)

1月になってから、野村不動産『プラウド』の新CMが登場。相変わらず使われている音楽は、ガーシュインの 「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー(Someone To Watch Over Me)」。ゆったりとした優雅な時間が流れる、そんなイメージのCMにピッタリな音楽。CM情報は次のところ。
https://www.proud-web.jp/proud/movie/index.html#cxrecs_s
               ↑
※最近プラウドのCMは音楽が変更された模様。 「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」が使われていた、過去のCMを下に載せておきます。




ガーシュイン:サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー(私を見守る人)


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/135798986088313125891_gershwin_someonetowatchoverme_2013.mp3

ミュージカル「オー・ケイ!」(1926年)の主題曲として書かれた人気ナンバー。オルゴールの音色で制作。


YouTubeから。CMで流れているお馴染みのメロディは1分20秒頃から登場。




ガガ様もこの曲を歌っているぞ!なかなかいいね。




さて、ミュージカル「オー・ケイ!」からもう一曲、「ドゥー・ドゥー・ドゥー(Do Do Do)」という曲をどうぞ。躍動感溢れる楽しいナンバーだ。

ガーシュイン:ドゥー・ドゥー・ドゥー


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/123306521456716404925_gershwin_DoDoDo.mp3


ボーカロイドによる心和む歌声はこちら(^^)




それから、すごく気に入ったピアノ演奏があったので紹介しておこう。切れ味バツグンの演奏!素晴らしい(^_^b


この記事へのコメント

2013年01月13日 08:34
ブライアン・ウィルソンがガーシュインからの影響を受けているとはっきり発言してますが、今回バート・バカラックもかなりの影響を受けてたのが理解できました。
特にジーン・ルイザ・ケリーッという人が唄うのを聴いて "アルフィー"ッという曲が近い感じがしました。
アメリカ人にとってのガーシュインはそれだけ革新的な作曲家だったんでしょう。
ポップスの方はかなり聴いてるつもりだったのですが、その大元になっているのをまた聴かなくてはならないと決意した次第です。
2013年01月13日 23:47
こんばんは、おーちゃんさん。ガーシュインはまさにアメリカの国民的作曲家といえるでしょう。彼はクラシック畑の曲も作っていますが、やはり真骨頂はミュージカルなどのポピュラー音楽。多くのソングがジャズのスタンダード・ナンバーになるなど、アメリカのその後のミュージシャンに多大な影響を及ぼしていますね。

バート・バカラックの"アルフィー"もいい曲ですね。私としては、シラ・ブラックの唄う"アルフィー"が気に入っています(^^)
http://www.youtube.com/watch?v=Afi44Q66dTE

この記事へのトラックバック