舞曲あれこれ

暑いですねぇ。こんな時は踊って暑さを吹き飛ばしてください(^^)

まずはイタリアの作曲家ジョルジョ・マイネリオ(1535頃-1582)から一曲。「スキアラズーラ・マラズーラ」という舞曲です。だんだん盛り上がります。

ジョルジョ・マイネリオ:スキアラズーラ・マラズーラ




中世・ルネサンス期のイタリア舞曲をもう一曲(冒頭の曲)。「サルタレロ」(作曲者不詳、14世紀イタリア)という舞曲で、デイヴィッド・マンロウ&ロンドン古楽コンソートによる演奏です。それにしても、マンロウはすごい顔で吹きまくっていますね(笑)




さて、日本の舞曲もアップしておきますか。日本三大盆踊りのひとつといわれる「郡上おどり」から「げんげんばらばら」をどうぞ。




上の郡上おどりの「げんげんばらばら」をベースにした面白い音楽があります。日英混合ユニット、“ツイステッド・お祭り・ジャズ・ダブ楽団”こと「セツブン・ビーン・ユニット」(SETSUBUN BEAN UNIT)による演奏で、曲は"Gujo Ondo"。「げんげんばらばら」がフリーでファンキーな音楽に変身!いかにも海外ウケしそうな音楽ですな


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

病苦
2010年08月03日 17:27
いやいや、マンロウは良く聴きましたが、演奏を見たのは初めてです。フグみたいに頬をふくらませ、メリハリの利いた演奏を延々とする様は素晴らしいですね。演奏後、息を切らせながらも早口で解説できるのもすごいです。

きっと、登山をやれば、相当のレベルにまで達しますよ。無酸素でエベレストとか・・・。

今度はマッターホルンの頂で、同じ演奏をして公開して欲しいです。きっと、もっとすごい表情になりますよ。

Koukouさん、今度一緒に富士山頂でMIDI生演奏しませんか。日の出を見ながらノートパソコンで流すMP3はきっと涙なしには聴くことができませんよ。

それから、郡上踊りをいじった演奏も面白いです。こういうリズムなら、若者も一緒に盛り上がれますね。今度、Koukouさんのリ・コンポーズドに期待しています!
2010年08月04日 00:10
こんばんは、病苦殿。

古楽界のスーパースター、マンロウの動画は貴重ですね。マンロウファンにとっては、泣いて喜びそうな映像だと思いますよ。
それにしてもマンロウの演奏はスゴイ!当然、肺活量も相当なモノでしょう。マッターホルンの頂どころか宇宙空間でも演奏できたかも(笑)

ところで、富士山頂でのMIDI生演奏については、富士山登頂が得意な民主党の谷亮子参議院議員にお譲りしますよ(爆)

それから「セツブン・ビーン・ユニット」による"Gujo Ondo"、ぶっ飛んだ音楽だね。このユニットは、他にも"Akita Ondo"や"Tsugaru Jinku"とかいうお祭り系の民謡をベースにした音楽も演奏していて面白いよ。私も、何か民謡をリ・コンポーズドして、ぶっ飛んだ音楽を作ってみますかね
2010年08月04日 13:40
わーい!ほっぺが素敵なマンロウさんの登場ですね
これで踊るのは大変そう~
やはり日本人としましてはファンキーでも盆踊りがいいですね
2010年08月04日 21:38
こんばんは、まゆみさん。
貴重なマンロウの映像は、こちらでも紹介しましたよ。冒頭の演奏は、何度見てもナイスな絵ですな
ところで、たしかに盆踊りはいいですねぇ。「げんげんばらばら」の映像は見ていて楽しいですよ。やはり盆踊りは、日本人の心の琴線に触れるのかも(^^)

この記事へのトラックバック