ショパンの練習曲&ワルツ特集!別れの曲、木枯らし、大洋、子犬のワルツ 他

大昔、DTMを始めた初期の頃に制作したショパンの「別れの曲」、あまりにひどかったのでリニューアルしました(^^ゞ
美しいメロディーであまりにも有名なショパンの名曲。私の頭の中では、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「悲愴」~第2楽章のメロディーと、ゴッチャになってしまう傾向にあります(笑)

エチュード(練習曲) ホ長調  Op.10-3「別れの曲」




ついでに、今までに制作したショパンの練習曲&ワルツの何曲かをアップすることにします。ショパンに対する思い入れが少ないせいか、あっさりしていて表現力不足の点は多々ありますがご容赦を・・・m( _ _ )m

エチュード(練習曲) ハ短調  Op.10-4



「別れの曲」に続くパワフルな練習曲!


エチュード(練習曲) イ短調  Op.25-11「木枯らし」



これは激しい木枯らしですね(@_@)


エチュード(練習曲) ハ短調  Op.25-12「大洋」



タイトルのように音楽がウネってます。


ワルツ 変ニ長調 Op.64-1「子犬のワルツ」



クラリネットとピアノの音色です。子犬が自分の尻尾を追ってグルグル回っている情景をヒントに作られたとか。


ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2



よく知られているワルツです。


ワルツ ホ短調(遺作)



明るく華やかなワルツで、こちらも有名です。

この記事へのコメント

2010年04月24日 21:56
うわぁ、懐かしい曲をありがとうございます美しい曲ばかりですねぇぇ。
ショパンのエチュードは学生時代の思い出です。となりに住んでいたピアノ科の子がよく弾いていました。音大生専用アパートに住んでいた私。朝の8時からみんな練習しはじめるんで、ショパンのエチュードが目覚まし代わりでしたよ。特にハ短調Op.10-4なんかすごく印象に残っています。そのショパンを聴きながら目は覚めるものの、「だるいなぁ」とまた寝てしまって昼ごろ起きていた学生時代の私でした。
2010年04月25日 22:18
こんばんは、Kosuzuさん。
なるほど、ショパンのエチュードには二度寝の思い出があるんですね。二度寝は学生の特権!?気持ちいいんですよね

この記事へのトラックバック