若きガーシュインの傑作ラグタイム!リアルト・リップルズ・ラグ

20世紀の初め、アメリカで大流行したラグタイム。ガーシュインも10代の頃、ラグタイム音楽を作っています(ウィル・ドナルドソンとの共作ですが・・・)。それが「リアルト・リップルズ・ラグ」(1917年)というピアノ曲。「リアルト」とは、マンハッタンのブロードウェイ劇場周辺の地域のことで、「リップル」は"さざ波"の意味、つまりこの曲は、ブロードウェイ劇場周辺から発せられる喧噪やエネルギーの"さざ波"を表現しているそうです。都会的センス溢れる洒落たラグタイムです。


ガーシュイン:リアルト・リップルズ・ラグ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック