緊張感のある鍵盤曲~C.P.E.バッハ:ソルフェジェット

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-1788)は、ヨハン・セバスチャン・バッハの次男で、生前は父親より有名だったとか。クラヴィーア奏者としても活躍し、数多くの鍵盤曲を残しています。この「ソルフェジェット」は、何かに駆り立てられるような感じで、音楽が疾駆していくところが魅力的。ピリッとした緊張感のある小曲です。ちなみにMP3は、チェンバロの音色にしてあります。

C.P.E.バッハ:ソルフェジェット




この曲は、ハードなギター・サウンドで聴いてもカッコイイ!YouTubeより。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック