グールドとメニューインの共演!J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第4番~第1楽章

J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第4番 BWV1017~第1楽章




愁いを帯びた深い味わいのある音楽です。

さて、この曲をグールドとメニューインが共演している珍しい映像が、YouTube にありました。グールドが口をパクパクさせて、体をグルグル回転させながらピアノを弾いている姿に感動します(爆)



この記事へのコメント

柴田有理
2011年08月26日 07:00
この二人の演奏に今、少し歌詞をつけているところで、
この動画を見せていただいて、とてもうれしかったです。
ありがとうございました。
2011年08月27日 12:29
はじめまして、柴田有理さん。
グールドとメニューインの演奏に歌詞を付ける???
よく分かりませんが、とにかく動画を楽しんでいただけたなら良かったです。といっても、私はYouTubeから紹介したに過ぎませんが・・・(^^ゞ
また他にもグールドの面白い映像がありましたら、紹介するかもしれません。今後もよろしくお願いします。
2011年08月28日 10:53
柴田有理さん、わざわざ歌詞を教えていただき、ありがとうございます。でも何と言えばいいのか・・・コメントできません。ゴメンナサイ(^^ゞ
HPも見ました。幅広く活動されているアーティスト(美術家?)の方なんですね。いや~何だか分からないけど、何かスゴイと思います(笑)
今後ますます御活躍されることを期待しております。頑張ってください。

この記事へのトラックバック