アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「チェンバロ」のブログ記事

みんなの「チェンバロ」ブログ

タイトル 日 時
大和ハウスCM「One Sky」篇〜バッハ:平均律クラヴィーア曲集1−1 他
大和ハウス工業の企業広告CM「One Sky」篇で流れている音楽は、バッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻〜第1番の前奏曲。CMはこちら。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 17:01
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻〜第2番&第10番
J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は第1巻と第2巻があり、それぞれ長短24調による前奏曲とフーガからなる曲集で、古今の鍵盤音楽のバイブルといわれるほど、完成度の高い作品。今回は、その第1巻から新たに第2番と第10番のMP3を制作したので紹介したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 23:40
バッハの肖像画に描かれた楽譜〜6声の三重カノン 他
バッハの肖像画に描かれた楽譜〜6声の三重カノン 他 もう一月ほど前になってしまったが、テレビ朝日『題名のない音楽会』から「バッハの謎を知る休日」(6月25日放送)で、音楽室でお馴染みのヨハン・セバスティアン・バッハの肖像画に描かれている楽譜の謎を取り上げていて、なかなか面白かった。まずはそのバッハの肖像画はこちら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/22 22:31
松建設CM「全身耐震 マンション」編〜バッハのメヌエット 他
松建設のCM「全身耐震 マンション」編で流れている音楽は「バッハのメヌエット」(原曲は鍵盤曲)。CMはこちら。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/21 22:26
キリンチューハイビターズ「チューハイ事業部の謀反(妻篇)」CM〜バッハ:アリオーソ
キリンチューハイビターズの「チューハイ事業部の謀反(妻篇)」CM(出演:遠藤憲一&橋本マナミ)で流れている音楽は、J.S.バッハのチェンバロ協奏曲第5番〜第2楽章。この美しいメロディは"バッハのアリオーソ"として親しまれている。"アリオーソ"とは"歌うように"という意味の曲想のこと。CMはこちら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/09 01:30
トランシーノホワイトCのCM〜バッハ:ゴールドベルグ変奏曲より
トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)のCM「青い風船」篇(出演:麻生久美子)で流れている音楽は、J.S.バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」〜第14変奏。CM情報は次のところ。 →http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/cm/ ※上の情報は別のCMに変わりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/18 12:47
ホクト「霜降りひらたけ」CM〜バッハ:ゴールドベルク変奏曲〜アリア
ホクトの「霜降りひらたけ」のCM(出演:ガクト)で流れている音楽は、J.S.バッハの「ゴールドベルク変奏曲」〜アリアである。CM情報は次のところ。「違いのわかる男、驚く」篇の"CMを見る"をクリックしてください。 →http://www.hokto-kinoko.co.jp/kn_en/kinokogumi/cm/index.php ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/21 13:28
ノンシリコンシャンプー『Revur』(レヴール)のCM 〜 ヘンデル:サラバンド
4人の女優(戸田恵梨香、石原さとみ、長澤まさみ、榮倉奈々)が1人ずつ登場する4本のCM、ノンシリコンシャンプー『Revur』(レヴール)の豪華なCMで流れている音楽は、ヘンデルの「サラバンド」。4本のCMを載せておこう。しかし、1.5秒に1本売れているノンシリコン・・・というのはホント!?(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/24 23:39
バッハがぶっ飛んだ!フライング・バッハ
バッハの音楽とブレイクダンスが融合!ドイツのブレイク・ダンスチーム"フライング・ステップス"&1人のコンテンポラリー・ダンサー(川口ゆい)による驚異の「フライング・バッハ」、初の日本公演が11月に予定されています。この作品は、オペラ・ディレクターのクリストフ・ハーゲルの監督により、J.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集をヴィジュアル化したものだそうです。詳細な記事については、次のところを参照してください。 →http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Ar... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/07 23:02
サカナクションの楽曲に登場するバッハの旋律〜チェンバロ協奏曲第1番 BWV1052より
最近、巷で話題になっているのが、アップルのiPhone4sの最新CM。そのCMがこちら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/06/24 13:22
損保ジャパンの企業CM〜ヘンデル:調子のよい鍛冶屋
上戸彩が出演している損保ジャパンの企業CM、『お客さま評価日本一〔サービスセンター〕』篇と『お客さま評価日本一〔代理店〕』篇で流れているのが、ヘンデル作曲の「調子のよい鍛冶屋」。CM情報は次のところ。 →http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/cm/contents15.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/19 23:07
ゴージャスなコンチェルト!バッハ:4台のチェンバロ協奏曲
J.S.バッハの作品に、「4台のチェンバロのための協奏曲」があります。4台ものチェンバロを揃えるのは、ゴージャスですが大変そう。設置や調律などの準備、それよりまず奏者を揃えないと・・・。実はこの作品、ヴィヴァルディの「4つのヴァイオリンとチェロ、弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲」をバッハがアレンジしたものです。バッハ自身、チェンバロを弾くのが得意でしたから、他のチェンバロ奏者と楽しみながら演奏できたんでしょうね。では、4台のチェンバロによるゴージャスで迫力ある演奏をお楽しみください。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/14 01:09
バッハ:フランス組曲第5番〜アルマンド&ガヴォット
J.S.バッハの鍵盤曲。簡素ながら爽やかな小品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/29 00:22
ヘンデルの人気鍵盤曲 〜 パッサカリア
新曲です。ヘンデルの「パッサカリア」は、「調子のよい鍛冶屋」や「サラバンド」と並ぶ人気の高い鍵盤曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/29 12:54
バッハ:イタリア協奏曲〜第1楽章&パルティータ第2番〜シンフォニア
今回も、バッハを得意とするピアニスト、グレン・グールドの演奏と一緒にお楽しみください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/17 12:47
ラモーの鍵盤曲特集(その2)〜タンブーラン、エジプトの女、ガヴォットと変奏
ジャン=フィリップ・ラモーは、18世紀に活躍したフランス・バロック期の作曲家・音楽理論家。今回もエスプリの効いたクラヴサン(=チェンバロ)曲をお届けします。参考までに、前回の「ラモーの鍵盤曲特集」は次のところです。 →http://8055.at.webry.info/200909/article_2.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/27 12:31
フーガなのにサラバンド!?日産のCM〜ヘンデル:サラバンド
日産の新車「フーガ」のCMで流れている音楽が、最近ちょっと話題?になっているようです。原曲はヘンデルの「サラバンド」(ハープシコード組曲 ニ短調 HWV437より)です。CM情報は次のところ。重厚感溢れる音楽にアレンジされていて、なかなかカッコイイですね。ところで、なぜ商品名と同じフーガ形式の音楽を使わなかったんでしょう?(笑) →http://www.nissan.co.jp/NEWS/CM/#/JL_001/LARGE/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 23:07
F.クープラン:ティク・トク・ショク 他
フランソワ・クープランは、フランス・バロック音楽期の作曲家。一族の中で最も豊かな楽才を認められることから、"大クープラン"とも称せられています。特にクラヴサン(=チェンバロ)曲が有名で、200曲以上の作品を残しています。題名が面白く、情景を生き生きと描写した曲もあれば、優美で洗練された雰囲気の曲もあったりして楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 00:09
映画版「のだめ」に登場!J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052
もうすぐ映画版の「のだめカンタービレ」が公開されるようですね。映画の中で、千秋真一(玉木宏)が弾き振りする曲が、J.S.バッハのピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052です。次の映画予告編(予告2)でも少しだけ流れています。 →http://www.nodame-movie.jp/trailer.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/08 11:38
ラモーの鍵盤曲特集!野蛮人、3つの手、一つ目の巨人
ジャン=フィリップ・ラモーは、18世紀に活躍したフランス・バロック期の作曲家・音楽理論家。クラヴサンのための作品を数多く作曲していて、ユニークな標題が付いた作品も少なからずあります。今回は、ラモーの作品からダイナミックな3曲を取り上げてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 22:49
個性豊かで刺激的な鍵盤曲!D.スカルラッティのソナタ
ドメニコ・スカルラッティは、J.S.バッハやヘンデルと同じ年(1685年)生まれの、バロック期に活躍した作曲家です。特に550曲余りの鍵盤楽器のためのソナタは、個性豊かな作品として有名です。全てのソナタを知っているわけではなく、ほんの一部を聴いたに過ぎませんが、歯切れの良いリズム、音程の大きな跳躍、強烈な同音連打、炸裂する不協和音など、多彩で刺激的な音楽がたっぷり!もちろん、エネルギッシュな音楽ばかりではなく、じっくりと聴かせる作品もあります。今回は、そのソナタの中から5曲をアップしました。なお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 21:37
緊張感のある鍵盤曲〜C.P.E.バッハ:ソルフェジェット
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-1788)は、ヨハン・セバスチャン・バッハの次男で、生前は父親より有名だったとか。クラヴィーア奏者としても活躍し、数多くの鍵盤曲を残しています。この「ソルフェジェット」は、何かに駆り立てられるような感じで、音楽が疾駆していくところが魅力的。ピリッとした緊張感のある小曲です。ちなみにMP3は、チェンバロの音色にしてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/27 12:53
J.S.バッハ:2声のインヴェンションと3声のシンフォニア
J.S.バッハの「2声のインヴェンションと3声のシンフォニア」といえば、ピアノ学習者にはお馴染みの音楽(らしい)。大昔、4オクターブしかない、ちゃちなキーボードを持っていたとき、ロクに弾けもしないのに、この曲集の楽譜を買ってきて、無謀にも独学で挑んだことがあります。結果は・・・左右の手は独立して動かないことがよく分かりました(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/01 21:13
グールドとバッハ〜平均律クラヴィーア2−9
J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は第1巻と第2巻があり、それぞれ長短24調による前奏曲とフーガからなる曲集で、古今の鍵盤音楽のバイブルいわれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/07 16:15
映画『王は踊る』〜リュリ:トルコ人の儀式のための行進曲
映画『王は踊る』〜リュリ:トルコ人の儀式のための行進曲 フランス国王ルイ14世と、宮廷音楽家リュリとの関係を描いた映画『王は踊る』。詳しい内容については、下の"goo映画"をご覧ください。 王は踊る(2000) - goo 映画 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/12 10:55
鳥の鳴き声を題材にしている曲特集〜ジャヌカン:「鳥の歌」 他
鳥の鳴き声を題材にしている曲特集〜ジャヌカン:「鳥の歌」 他 昔から、鳥の鳴き声を題材にして作られた曲は多くあります。身近な鳥の鳴き声は、創作意欲をかき立てるんでしょうね。今回は、私が制作した作品の中から、鳥の鳴き声に因んだ曲を紹介したいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/06 00:53
チェンバロ秘曲〜パーセル(クロフト?):グラウンド ハ短調
あまり知られていませんが、一度そのメロディーやリズムを聴くとハマってしまうチェンバロ曲があります。H.パーセルもしくはW.クロフト作の「グラウンド ハ短調」という曲です。"グラウンド"とは、バロック音楽の執拗低音(オスティナート)を用いた曲のことで、この曲は、左手で特定のリズムパターンが繰り返され、その上に哀愁を帯びたメロディーが乗っかって、それが魅力的な作品に仕上がっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/18 12:31
珠玉のチェンバロ作品〜クープラン:神秘な防壁
最初にチェンバロについての説明を少し。チェンバロ(ハープシコード、クラヴサンともいう)とは、17〜18世紀前半頃に大人気だった鍵盤楽器で、ピアノの前身楽器といわれています。ただし、外見は似ていても、ピアノが鍵盤を押すとハンマーで弦を叩いて音を出すのに対し、チェンバロは弦を引っ掻いて音を出す、ということで発音構造はだいぶ違っています。チェンバロの最大の弱点は、弦を引っ掻くことによって発音するので、一定の音量になってしまい、音の強弱には対応しにくい、ということでしょう。そのためチェンバロは、音も大き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/13 13:45

トップへ | みんなの「チェンバロ」ブログ

ふれっしゅんミュージック チェンバロのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる