ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS ドコモらくらくホン(富士通)CM「天の声」篇〜シューベルト:ます 他

<<   作成日時 : 2017/03/20 22:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近のテレビCMから。まずは富士通のドコモらくらくスマートフォン4「天の声」篇(出演:大竹しのぶ)で流れている音楽は、シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」(第4楽章)である。



シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 Op.114, D.667「ます」〜第4楽章より


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/001/148991723969991400180_schubert_forelle.mp3

MP3は主題部分のみ。オルゴール音色で制作した。このピアノ五重奏曲に「ます(鱒)」という副題が付いたのは、シューベルトが別に作曲した歌曲「ます」(D.550)の旋律を、第4楽章で使用していることに由来している。

シューベルトの歌曲「ます」はこちら。日本語歌詞付き。




ピアノ五重奏曲「ます」の第4楽章全部はこちら。



上の映像は、曲を探していたら、たまたま偶然に見つけたもの。ピアノはダニエル・バレンボイム、ヴァイオリンはイツァーク・パールマンとピンカス・ズッカーマン、チェロはジャクリーヌ・デュ・プレ、そしてコントラバスはズービン・メータ、と豪勢すぎるメンバーによる演奏。これはスゴイぞ!(@_@)

いずれもネームバリューのある演奏家たちだが、とりわけ注目を引くのがチェリストのジャクリーヌ・デュ・プレ。
というわけでここからは予定変更、1960年代に活躍したイギリスの伝説の天才女流チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ(1945-1987)特集…いや、やっぱりその前に予定通り、別のCM曲を取り上げておきます。

現在オンエア中、グランブルーファンタジーの【えらべるグラブル】1000万円カタログシリーズCM(出演:菅田将暉、早見あかり)で流れている音楽は、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲。4本のまとめCM(1000万円カタログ「ちくわ」「肩もみ」「 熱海旅行」「パジャマ」編)はこちら。



CMで使われているメロディは、曲の冒頭、「マイスタージンガーの動機」といわれる部分。前奏曲の中心となる動機で、この動機がどんどん派生・発展していって、壮大な音楽を作り上げている。曲の詳細についてはウィキペディアを参照してください。

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」〜 第1幕への前奏曲




さて、先ほど述べたとおり、“ジャクリーヌ・デュ・プレ特集”といきますか。まずはデュ・プレのざっとした生涯から。彼女の正式なデビューは1961年、同年にはエルガーのチェロ協奏曲を録音し、16歳にして早くもチェロ演奏家として国際的な名声を得る。チェロ演奏家として不動の地位を確立した後、1966年末に21歳でピアノ演奏家で指揮者でもあるダニエル・バレンボイムと結婚。夫となったバレンボイムとは数々の演奏を残した。1971年(26歳)に指先などの感覚が鈍くなってきたことに気付く。この症状は徐々に悪化し、1973年初秋に多発性硬化症と診断され、チェロ演奏家を事実上引退。1975年にはエリザベス2世女王からOBE勲章を授与されるも、多発性硬化症の進行により、1987年に42歳で死去した(以上、ウィキペディアを要約しました)。

ここからはデュ・プレの演奏をどうぞ。彼女の演奏は集中度が高く情熱的といわれる。

まずはデュ・プレが好んで演奏していたエルガーのチェロ協奏曲から。下の映像はそのチェロ協奏曲〜第1楽章。




次はドヴォルザークのチェロ協奏曲〜第3楽章。のめり込んでしまうような演奏がスゴイ!




彼女の人気は高く、映画化もされている。映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」(1998年英、アナンド・タッカー監督)の予告編。




上の予告編で、デュ・プレの指の自由が利かなくなり、演奏中に弓を落とすシーンがあるが、そこで流れている(上の映像の01:22-01:43 辺り)カッコイイ音楽はハイドンのチェロ協奏曲第1番〜第3楽章。ハイドン初期の作品だが、この第3楽章は爽やかさの中にも一抹の感傷を感じさせる名作。彼女の情熱的な演奏によって、よりスケール感溢れる作品に進化している。




ラストは、フランクのチェロ・ソナタ(ヴァイオリン・ソナタのチェロ版)〜第4楽章。1971年12月、すでに不治の病に蝕まれて体調が悪化していた頃、デュ・プレが急遽決断してレコーディングを行った演奏で、彼女の最後のスタジオ録音となった。体調の悪さを感じさせない素晴らしい演奏。病魔に侵されなかったら、もっと多くの素晴らしい演奏を残せただろうに…(+_+)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドコモらくらくホン(富士通)CM「天の声」篇〜シューベルト:ます 他 ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる