ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のCM&映画「カフェ・ド・フロール」の音楽

<<   作成日時 : 2015/03/29 15:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

まずはソフトバンクのCMから。白戸家「お父さんとの買い物」篇(出演:お父さん犬、真木よう子、又吉直樹)で流れる音楽は、ドリス・デイの「ケ・セラ・セラ」(ジェイ・リビングストン作曲、レイ・エバンズ作詞)。CMはこちら。



「ケ・セラ・セラ」はドリス・デイの1956年の楽曲。同年のヒッチコック監督映画『知りすぎていた男』の主題歌で、主演女優で歌手でもあるドリス・デイ(Doris Day) が歌った(ウィキペディアより)。




CMをもうひとつ追記。 白戸家「中華飯店」篇(出演:お父さん犬、堺雅人、田中泯)より。テンションが上がる音楽は、ハチャトゥリアン作曲の「剣の舞」。CMはこちら。



ハチャトゥリアン:剣の舞(バレエ音楽「ガイーヌ」より)



※轟地蔵さんから面白い映像を紹介していただいたので、追加しておきます。チャンバラ映像とコラボしたハードロック調「剣の舞」。いや〜、音楽と映像が見事にマッチしています(^_^b




次はグリコの濃厚チーズスナックCheeza(チーザ)のCM。このCMで流れる音楽は、グスターヴ・ホルスト作曲の「木星」(組曲「惑星」より)。チーザ「GOLD篇」(出演:吉高由里子)のCMは次のところ。
http://www.glico.co.jp/cheeza/cm.html

CMをもうひとつ追記。第一生命の「安心の絆を世界の国々へ」篇でも「木星」が使われています。



ホルスト:組曲「惑星」Op.32〜木星(中間部分)


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/holst_jupiter.mp3

MP3は有名な中間部分のみ。「木星」全曲は次のYouTubeでどうぞ(有名な中間部分は3分3秒頃から始まります)。




ところで、昨日、ジャン=マルク・バレ監督の映画「カフェ・ド・フロール」(カナダ・フランス合作)を鑑賞してきた。映画の予告編はこちら。



ストーリーは、1969年のパリで、ダウン症を抱える息子を女手ひとつで育て上げている美容師ジャクリーヌ。そして、現在のモントリオール。DJで成功したアントワーヌは、健康体で両親、娘ふたりとも元気。さらにセクシーな女性と恋愛中。一方、別れた元妻は心に傷を負っている。一見全く関係のないふたつの時代を生きる男と女が交錯していき、最後に選択するのは・・・。映画をラストまで観てなるほど!と納得し、でもなんでそんな結末になるのか?それはありえへんだろ、という思いも・・・(@_@)
映画の公式サイトは次のところ。
http://www.finefilms.co.jp/cafe/#top

でも、ストーリーはどうでもよいのだ。なぜ映画を観に行ったかというと、私の大好きな電子音楽作曲家マシュー・ハーバートの名曲「カフェ・ド・フロール」が使用されていたからである(^^)
監督のお気に入りの曲だということで、映画のタイトルも同じ「カフェ・ド・フロール」にしたようだ。メランコリックなハーバートの曲は映画で繰り返し登場し、映像を効果的なものにしていた。この曲は、2000年に"ドクター・ロキット"の名前でリリースされたものであり、映画のために作曲されたものではない。パリにある有名な老舗カフェ店「カフェ・ド・フロール」をテーマにして作られたらしい。



YouTubeで曲のオフィシャル・ビデオを発見!もちろん映画とはまったく関係のない映像。どうも体が勝手に動いてダンスをしていまう男の悲喜劇を描いているようですが、何だかよく分かりません(^O^)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小澤征爾・ベルリンフィルからなる「剣の舞」は素晴らしいね。

重量級のベルリンと、ドラマチックな曲が上手な小澤のコンビは見事です。テンポも小気味良く、盛り上がります。

ハーバードも出ているじゃないですか!彼の曲は、どこを切っても同じで、金太郎飴のようで素晴らしい!まるで、koukouさんの職場人生のようだ!

ちょっと疲れた曲調が、「カフェ・ド・フロール」によく合っている!

最後の映像は、意味不明ですが、舞踏病の話でしょうか?いっそ、ダンサーになった方がいいね。

さて、「剣の舞」と言えば、黒澤映画とコラボしたこちらでしょうかね!
https://www.youtube.com/watch?v=Jhm_lL1bzAo

剣の動きとマッチし、素晴らしい!
轟地蔵
2015/04/10 07:07
こんにちは。轟地蔵さん。

小澤征爾&ベルリンフィルの演奏は見事!すごく盛り上がるね。

ハーバートのメランコリックな曲調もいいでしょ?映画の中で、ダウン症の子どもからねだられて母親がこの曲のレコードをかけるシーンが登場します。でも時代設定は1969年、よく考えてみるとハーバートは1972年生まれ、曲が作れるハズがありません(笑)
母親役のヴァネッサ・パラディは熱演していたし、ダウン症を演じる子役の演技も非常によかった。この2人の演技だけでも映画を観てよかったと思いますよ(^^b

さて、紹介していただいた黒澤映画とコラボした「剣の舞」は最高!こんなに音楽とチャンバラがマッチングするとは驚きです。まさにチャンバラ剣の舞ですな(^O^)
それにしても三船敏郎はカッコイイ。また「用心棒」が観たくなったぞ。用心棒の予告編はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=RPhwNik7kAU

映像がすごく気に入ったので、後で本文に追加しておくね。悪しからず(^^)
KoUKoU
2015/04/11 13:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近のCM&映画「カフェ・ド・フロール」の音楽 ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる