ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS マイナンバーCM〜S.ジョプリン:ストップタイム・ラグ

<<   作成日時 : 2015/03/15 00:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

内閣府によるマイナンバー制度を認知させるためのCMが放映され始めた。「マイナンバー/知ってる?」篇&「マイナンバー/住民票」篇(出演:上戸彩)で、使用曲はスコット・ジョプリン作曲の「ストップタイム・ラグ」。次の政府広報オンラインでCMが観られます。
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/ad/

へぇ〜、10月から12桁の個人番号が付くの?知らなかった(@_@)

YouTubeにもCMがありました。「マイナンバー/知ってる?」篇と「住民票」篇が合体したCMです。




ジョプリンの「ストップタイム・ラグ」は、強くor弱く、また速くor遅く、どちらでもピアニストの好みに応じて弾いてよいラグタイム。また曲の冒頭から"Stamp(スタンプ)"が指示されている。"Stamp"とは靴の踵で床を踏みならす、という指示。"Stamp"する人は奏者であるが、聴衆も"Stamp"に加わってよく、手拍子ならぬ足拍子で一体感を味わえる効果があるそうだ。MP3は"Stamp"部分をドラムで適当にアレンジして制作した(^^ゞ

S.ジョプリン:ストップタイム・ラグ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/127687317047616117189_joplin_stoptime.mp3

実際にピアニストがStampしながら弾く映像はこちら。



ラグタイムはもともと酒場で演奏されていた音楽。聴衆は酒の入ったグラスを手に持っていたから、手拍子じゃなくて足を踏みならしながら拍子をとることも多かったのだろう。ついでに以前にも紹介したが、ラグタイムが流行していた頃の酒場でのピアノ弾き比べ競争を描写した映像があるので紹介しておこう。ラグタイム本来の騒々しく、生き生きとした演奏で、鍵盤を肘や足、尻で叩くなど、過激な奏法も登場するぞ(^O^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョブリンのラグタイムは、足を踏みならす指示が楽譜にあるということで、その映像を見たときは、「おお!」と思いました。

ところが、最後の映像はそれをはるかに通り越して仰天です!

やっぱり、ラグタイムはこのくらい楽しんでいないとね。

素晴らしく、また楽しい映像でした。

(koukouさんには口が裂けても言えないですが、この映像のおかげでMP3がうすっぺらく聞こえました。koukouさんには黙っておいて下さいね、笑。)

*****

飯嶋和一著の「汝ふたたび故郷へ帰れず」、続きを少しずつ読んでいます。

ボクサーの減量と格闘するシーンは本当にリアルです。

描写力があり、面白いです。

先生も、宜しかったら買って読むと良いですよ。
ワカダンナ
2015/03/16 21:51
ハハハ、ワカダンナさん、MP3が薄っぺらとは言ってくれるでないの!(笑)

一番最後の映像は面白かったでしょ?ラグタイムが流行していた頃は、あんな感じでピアノの弾き比べをやってたんだろうね。あの雰囲気こそラグタイムの真髄だね。ワカダンナさんの店にもピアノを置いて、弾き比べ大会でもやってみてはいかがですか?コーヒーにアルコールを混ぜて出せば盛り上がるんじゃない(^^♪

飯嶋和一著の「汝ふたたび故郷へ帰れず」は読みました。主人公がボクシングの復帰戦に向けて減量と格闘するシーンはいいね。余分な脂肪や汗が出切ってしまうと、体内に熱がこもって微熱が続くようになったり、限られた量しか食べられないから、少しでも味の良い高価な食材に金をかけないと気が済まなくなったり、とリアリティがあるね。復帰戦の試合シーンも面白いよ。主人公のほうがスピードやテクニックが上で有利に試合を進めていくが、対戦相手はとにかくタフでパンチの破壊力がスゴイ。そのうち主人公の動きに対する攻略法が分かると相手は一気に反撃してくる・・・もう目が離せないぞ(^_^b
KoUKoU
2015/03/17 22:24
やはりラグタイムピアノは聴いているだけでも楽しくなってきます。
これからちょっとずつDTMを勉強しようと思っているのですが、ピアノのチューニングを微妙に替えるって事は出来るのでしょうか。
もしも出来るのなら、酒場で弾かれる微妙にチューニングの狂ったピアノが再現できるかも。
考えただけでもワクワクしてきます。
おーちゃん
2015/03/21 22:44
こんばんは、おーちゃんさん。
ソフトシンセにもよるでしょうけど、DTMでピアノのチューニング変更は可能みたいです。次のところを参照してみてください。「各音源の方式の違い」という項目の最後の部分に記述があります。チューニングを変更して再生するソフトの紹介もありますよ。
http://www.asahi-net.or.jp/~HB9T-KTD/music/Japan/Research/DTM/sound_generator.html
KoUKoU
2015/03/22 02:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイナンバーCM〜S.ジョプリン:ストップタイム・ラグ ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる