ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS サントリーチューハイ「こくしぼり」のCM『しつ、こく』篇〜ジョプリン:イージー・ウィナー

<<   作成日時 : 2015/02/14 12:54   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

現在オンエア中、サントリーチューハイ「こくしぼり」のCM『しつ、こく』篇(出演:綾野剛)で流れている音楽は、スコット・ジョプリン作曲の「イージー・ウィナー」(The Easy Winners)。CMはこちら。



この曲は本来ピアノ曲で、ジョプリンの代表曲のひとつ。

スコット・ジョプリン:イージー・ウィナー


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/joplin_easywin.mp3

アレンジされたバンド演奏版も紹介しておこう。




ついでにジョプリンの晩年の傑作をMP3で制作したのアップしておく。1914年に出版された「マグネティック・ラグ」という曲で、ジョプリンはその3年後の1917年に他界している。A-B-C-D-A-コーダ というユニークな形式の曲で、豊かな曲想と風格を感じさせる魅力的なラグタイムだ。

スコット・ジョプリン:マグネティック・ラグ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/140353099643983033225_joplin_magneticrag.mp3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ラグタイムピアノ、いつ聴いても楽しくなってきます。
いろんな曲をラグタイムスタイルのアレンジで友人と何度も試しましたが ひとつ間違えるとやぼになるので何度もやり直したことを想い出しました。
おーちゃん
2015/02/15 08:50
ジョプリンのイージーウィナーだったんだ。どこかで耳にした曲だと思っていたんだよね。スッキリしました(^^)

新しい格安スマホの調子はどう?火は噴いてないですよね(笑)
音声検索がうまくできないと聞きましたけど…
チューハイ好き
2015/02/15 21:53
おーちゃんさん、コメントありがとうございます。
ラグタイムスタイルのアレンジでいろんな曲を演奏するなんて楽しそうですね♪
KoUKoU
2015/02/16 22:08
チューハイ好きさん、スッキリできてよかったですね(^^)

新しい1万円スマホはいくら安いとはいえ、火は噴いていません(獏)
このスマホはどうもマイク部分の感度が悪いせいか画面に向かって話しても、音声を認識しないことが多いんですよね。そこでスマホの底辺部の側面にあるマイク部分に口元を近づけて話したところ、問題なく音声を認識するようになりました。音声検索や音声によるメール作成もバッチリです(^^b
IP電話でも通話相手から声が小さいと言われることが多いんだよね。もうちょっとマイク感度がよければいいんだけど・・・。
KoUKoU
2015/02/16 22:55
先日ご紹介頂いた小説家「飯嶋和一」ですが、文面を見ると、なかなか面白そうな作家です。

以前知人から、江戸時代に空を飛ぼうとした大阿呆の小説が面白いと聞いたことがあります。作者の名前も同じだったような。。。

と、すると、この作家は時代や場面を変え、同じような逆境での不屈の闘志やチャレンジを描いているのかもしれません。

Koukouさんは、中原に覇を唱えるとか、戦国やハードボイルドが好きですね。

これは、Koukouさんが、いずれ社内において辺境(窓際)から中原(取締役)の座を射止めようと、虎視眈々とねらったシミュレーションなのでしょうか??

そのときは、私が小説を書きますので、取材に行かせて下さい!

IP電話ですが、今度から大きな声でしゃべって下さい。それで何とかなります。年末には私も格安スマホ(050)です。一緒に大声でトークしましょ!

酒ですが、私はチューハイよりも、仏頭酒のロックです。仏頭の頭から流れ出る酒が何よりうまいです。






仏頭酒 ファン
2015/02/22 11:03
こんばんは、仏頭酒ファンさん。

江戸時代に空を飛ぶ男の小説は「始祖鳥紀」のことだね。この小説は、日本の歴史小説・時代小説を対象にした第6回(2000年)中山義秀文学賞受賞作品。江戸時代に実在した浮田幸吉という人を題材にした小説で、すごく面白い。作者による多分なフィクションがあるんだろうが、主人公及びその主人公に関わる熱い信念を持った男たちが実に魅力的。現在、アマゾンのカスタマーレビュー26件中22件も五つ星が付いているぞ。機会があればぜひ読んでみてください。いろんなドラマがあって主人公の最後のダイブシーンはもう感動モノですよ(^_^b

IP電話ですが、相変わらずこちらの声が小さいと言われています。相手の声はよく聞こえるんだけどね。マイクのせいかとも思ったんですが、ライン電話だと私の声が大きく聞こえるそうです。なぜ?アプリとの相性のせいかな??

あとは・・・中原に覇を唱えるとか、仏頭酒のロックが好きだとか、くだらないコメントには返答しなくていいね(爆)
KoUKoU
2015/02/22 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
サントリーチューハイ「こくしぼり」のCM『しつ、こく』篇〜ジョプリン:イージー・ウィナー ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる