ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS エアウィーヴのCM〜リー・ハーライン:星に願いを 他

<<   作成日時 : 2013/10/06 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

現在オンエア中の、新次元マットレスパッド「エアウィーヴ」CM(出演:浅田真央&坂東玉三郎)で流れている曲は、リー・ハーライン作曲の「星に願いを」(When You Wish upon a Star)。辻井伸行による見事なピアノ・アレンジだ。CM情報は次のところ。
http://airweave.jp/pickup/2013/000844.shtml

「星に願いを」は、ディズニー映画『ピノキオ』の主題歌で、1940年のアカデミー歌曲賞を獲得している名曲。ようやく秋らしくなってきた今の時期、星空を見ながら聴くのにピッタリの音楽だ。

YouTubeからビリー・ジョエルの歌声でどうぞ。




さて、今回は『星』をテーマにした曲をいくつか紹介しましょう。まずはジャズのスタンダードナンバー、ビクター・ヤング作曲の「星影のステラ」(Stella by Starlight)。




同じくジャズのスタンダードナンバーで、ホーギー・カーマイケルが作曲した「スターダスト」(Stardust)。




ここらで既出だが、私の制作したMP3をどうぞ。『星』関連ということでモーツァルト作曲の「きらきら星変奏曲」。実はこの曲、「ああ、お母さん聞いて」の主題による12の変奏曲というのが正式なタイトル。当時18世紀末のフランスで流行していたシャンソンのメロディーをもとに、モーツァルトが変奏曲形式で書いたピアノ曲。モーツァルトの死後、このシャンソンにイギリスの詩人、ジェーン・テイラーが替え歌として「きらきら星」の歌詞を書いたのだが、いつの間にか替え歌の童謡が世界的に広まり、モーツァルトの作品も「きらきら星変奏曲」と呼ばれるようになったのである。MP3はオルゴールの音色による簡略版。

モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」の主題による12の変奏曲(きらきら星変奏曲) ハ長調 K.265
(プレイヤーが表示されない場合は上記の曲名をクリックして聴いてください)




邦楽からは、THE BOOM(作詞・作曲:宮沢和史)の「星のラブレター」。



※追加情報。日本生命のCM『君に会いにいくよ』篇(綾瀬はるか出演)で、「星のラブレター」が登場。




まだまだいろんな曲があるが、そろそろラストにしたい。締めは中島みゆきの名曲「地上の星」。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本の歌手ってカバーすることって少ないです。
外国の歌手は佳い歌は歌い継ぐッて感じなのでスタンダードナンバーが多いのかと思います。
オリジナルに拘らず、どんな曲・ミュージシャンに影響を受けたかというのも共有出来たらいいのになァ。
おーちゃん
2013/10/09 21:54
こんばんは、おーちゃんさん。
うーん、答えにくいコメントですな。邦楽の曲でも最近は、よくカバーされているような気がします。例えば記事で紹介したTHE BOOMの名曲「星のラブレター」なんかも、いろんな歌手がカバーしてますし。とはいえ、おーちゃんさんの言いたいことも分かります。邦楽に比べると、洋楽はうーんと古くから市場が成熟していて、スタンダードナンバーが数多く存在するんでしょうね(^^)
KoUKoU
2013/10/09 23:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアウィーヴのCM〜リー・ハーライン:星に願いを 他 ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる