ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プラチナバンド』(ソフトバンク)のCM〜チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番より

<<   作成日時 : 2013/03/02 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

現在、オンエア中のスマップが出演しているソフトバンク『プラチナバンド』のCMで流れているドラマチックな音楽は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の冒頭部分。



以前にも同じ映像のCMがあって、その時に流れていた音楽はドリフターズの"早口言葉のテーマ"曲(→原曲はウィルソン・ピケットの"Don't Knock My Love"らしい。曲を聴くならこちら)だった。



この『プラチナバンド』シリーズでは、アダム・アントの曲を使った魅力的なCMもあったぞ。



アダム・アントの"Goody Two Shoes"はこちら。




さて、CMを観てから、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の冒頭部分を、ちょこちょこっと作ってみました(オルゴールの音色による手抜き簡略版です)。この冒頭の序奏部分はとても有名なメロディーで、認知度ではクラシック曲の中でもトップクラスに入る。ちなみに、この強烈で印象的なメロディーは、なぜか最初に登場するだけで、その後二度と曲中に現れることはない。最初に登場させて、つかみはOK!・・・聴衆の心をつかんで曲はヒットした(笑)

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23〜第1楽章より
(プレイヤーが表示されない場合は上記の曲名をクリックして聴いてください)




YouTubeから全曲演奏をどうぞ。演奏が強靱で豪快!素晴らしい(^_^b


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アダム・アントという人は全然知りませんでしたが、ロカビリーでドラムの音がゴキゲンです。
ロカビリーでオーソドックスな展開なんですけれど、このドラムのサウンド処理で古めかしく感じないのかなァ。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲…有名で何度か聴いたことがあるのですけれど、ピアノのところはそんなに佳いと思ったことが無いんです。
ボクの耳には出だしのオーケストラの部分が佳すぎるんでしょう。
ですから気が付いたらオーケストラのパートばかり聴いてます。
おーちゃん
2013/03/03 08:12
こんにちは、おーちゃんさん。
アダム・アントのことですが、私も別に詳しいわけでもなく、CMを観て、どこかで聴いたことがあるぞ、と思って調べたら判ったんですね(^^ゞ 1982年のゴキゲンなナンバーです♪
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のピアノがお嫌いですか?なるほど、なるほど。ピアノ部分は華やかだからピアニストからは人気があるみたいです。ただ、冒頭以外はあまり印象的なところがないから、おーちゃんさんがイマイチと思ったのかもしれませんね。オーケストラは、色彩豊かでメロディックなサウンドなので、そこが好まれるのかも。
そういえば、ピアニストでもこの曲をボロクソにけなした人がいましたね。それはチィコフスキーがこの曲を献呈しようとした友人のピアニスト(ニコライ・ルビンシテイン)で、草稿の段階で聴かせたところ、陳腐、不細工、貧弱と散々な酷評をしたそうな。でも、この曲が初演で成功し、その後評判になったので、数年後にはルビンシテインは陳謝し、自分のレパートリーに取り込み、演奏するようになったそうです。ちょっと節操がないですな(^^)
KoUKoU
2013/03/03 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
『プラチナバンド』(ソフトバンク)のCM〜チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番より ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる