ふれっしゅんミュージック

アクセスカウンタ

zoom RSS 『LOTO6』CM使用曲!ワイル:三文オペラ〜マック・ザ・ナイフ 他

<<   作成日時 : 2012/03/25 11:13   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

「三文オペラ」(1928年)は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの台本(素材は1728年にロンドンで上演されたJ.ゲイ作の「乞食オペラ」)に、クルト・ワイルがジャズの手法を使って作曲した音楽を付けた作品。登場するのは悪党ばかり、人間の欲望や怠惰、社会を風刺している音楽劇。人気があるので、何度か映画化もされているようです。

YouTubeに、「三文オペラ」第1幕の独日対訳字幕付きがあったので紹介しておきます。辛辣でヤバイ内容のブラックな歌詞に安っぽい(安っぽく見せている)音楽!いいですねぇ(^_^)




「三文オペラ」の劇中歌で有名なものが何曲かありますが、その中でも大ヒットしたのが、「マック・ザ・ナイフ」(原題「マッキー・メッサーのモリタート」)という曲(上の動画では2分3秒あたりから始まります)。香取慎吾が出演している宝くじの『LOTO6』のCMでも流れています。



オルガンの音色で、私もMP3を作ってみました。

クルト・ワイル:マック・ザ・ナイフ


(プレイヤーが表示されない場合は下のURLをクリックしてください)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/598/46/N000/000/000/133259866584313104577_weill_macktheknife.mp3

この「マック・ザ・ナイフ」は、ジャズのスタンダード・ナンバーになっていて、有名どころではルイ・アームストロング、ボビー・ダーリン、エラ・フィッツジェラルド、フランク・シナトラなどが歌っています。

エラ・フィッツジェラルドのパワフルな歌声をどうぞ。



私が大好きなのは、ロッテ・レーニャ(ワイルの妻)の歌です。味わいがあってナイス!(^_^b




他に「三文オペラ」の劇中歌で、「マック・ザ・ナイフ」と並びポピュラーになった曲としては、「カノン・ソング」(大砲の歌)というナンバーがあります。最初の動画では10分あたりから始まります。

YouTubeから。これは楽しいぞ!




さて、同じ頃、ドイツの作曲家カール・オルフが、同じく音楽劇に興味を示していました。彼の音楽で大ヒットしたのが世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」(1937年)です。特に第1曲目<おお、運命の女神よ>は、一度聴いたら忘れられないインパクトのある強烈な音楽のため、格闘技の入場曲や、映画・ドラマなどで使用されることが多く、最近では、フジテレビのバラエティ番組『ほこ×たて』で流れています。この「カルミナ・ブラーナ」についての詳しい解説は、次のウィキペディアのページをご覧ください。

オルフ:カルミナ・ブラーナ〜1曲目<おお、運命の女神よ>&2曲目<運命に傷つけられ>



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはや、珍しい題材ですね。

ロト6の口笛、どこかで聞いたことのある音楽でしたが、三文オペラだったとは・・・。

歌詞は簡単には放送できないような部分があったり、人を馬鹿にしたような音使いをしたりと、聞き所満点です。

ヴォーカルは、エラフィッツ・ジェラルドは黒人女性のジャズヴォーカルの雰囲気があり良いです。彼女が歌うガーシュインも良いですよ。

ロッテ女史のヴォーカルはフランス的というか、ヨーロピアンですね。味があって良い。

「カノン・ソング」(大砲の歌)の映像は面白い!オペラはこうでないとね。

最後のカルミナブラーナ、これはサプライズだ!

若き小澤、ドラマチックな曲をやらせたらカラヤンやバーンスタインもビックリだ!この時期に伊福部も振ってほしかった。
若い頃を思い出して、もう一度こんな演奏をしてくれるとうれしいのですが・・・。

今回の記事は多彩でおもしろかった。力が入っていますね。



轟 二郎
2012/03/29 00:01
轟二郎さん、返答が遅くなってゴメンナサイm(__)m
最近は仕事が忙しい上に送別会も加わって、帰りが午前様になることが多く、パソコンを見ているヒマがありませんでした(^^;

ロト6の口笛は、三文オペラの劇中歌「マック・ザ・ナイフ」ですね。三文オペラは、歌詞も音楽も斜に構えた感じでイイですね。特に第1幕のフィナーレの歌詞は、人の本質をズバリ言い当てていて、心に染みますな(^o^)

エラ・フィッツジェラルドのガーシュインでオススメの動画がありますよ。ルイ・アームストロングとのコラボによる渋〜い「サマータイム」です(^^)
http://www.youtube.com/watch?v=MIDOEsQL7lA

ロッテ女史が歌う「マック・ザ・ナイフ」は最高ですね。ところで、ロッテ・レーニャが映画「007/ロシアより愛をこめて」の中で、女スパイ役で登場しているのを御存知でしたか?映画の最後のほうで、靴にナイフを仕込んだメイドが、ジェームズ・ボンドに襲いかかる有名なシーンがありますが、あれがロッテ・レーニャだそうな。意外で驚きますね(@_@)

「カノン・ソング」の映像は面白いよね。映画を観てみたくなりましたよ。

「カルミナ・ブラーナ」はサプライズでしょ?(^^) 全盛期は凄みがあるね。全曲たっぷり楽しみたいなら次のところをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=WROTlZ2yJsU&feature=related
KoUKoU
2012/04/01 00:27
悪の教典、伊藤英明でもマックザナイフ流れてた

2013/02/04 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『LOTO6』CM使用曲!ワイル:三文オペラ〜マック・ザ・ナイフ 他 ふれっしゅんミュージック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる